芸能

50周年アルバム宣伝で利用しまくり…ユーミン「テレビジャック」で下ネタ爆笑&未発表曲まで!

 今年、デビュー50周年の松任谷由実が、10月4日に「ユーミン万歳!~松任谷由実50周年記念ベストアルバム~」をリリース。前後して、テレビにガンガン出まくっている。さながらテレビジャックのようなのだ。

 まずは10月2日放送「行列のできる相談所 2時間SP」(日本テレビ系)。この日のMCは、明石家さんま。スペシャルゲストとして登場したユーミンとさんまの共演は、86年と87年のクリスマスイブに生放送された伝説の音楽番組「Merry X’mas Show」以来、35年ぶりとか。

 ユーミンの登場にレギュラー陣やほかのゲスト達も沸き立ち、自分にとってのユーミンのベスト曲を語り、ユーミンがその曲の制作秘話を語るなど、さながら番組はファンミーティング状態。特に清水ミチコがユーミン役を演じた、再現VTRで振り返る「ユーミン名言クイズ」が面白かった。

 例えば13年前の「NEWS ZERO」で村尾信尚から「(ユーミンの歌詞は)絶対、私には出てこない表現」と持ち上げられると「だってユーミンだもん」と即答。10年前の「ZIP!」のインタビューで「ママチャリでスーパーに行ったりもしてます」と話すユーミンに、インタビュアーが「気付かれませんか」と尋ねたところ、「全然、気付かれないです。喋るとわかるかもしれないけど。いつも言ってるけど、ギャラないところでオーラ出さない」などなど。さんまに「どこが面白いかわからなかった」などと言えるのは、ユーミンくらいのものだろう。

 同じ日の「関ジャム 完全燃SHOW」(テレビ朝日系)でも前週に引き続き、ユーミンへの90分を超える独占インタビューを放送。スタジオ出演こそなかったが、ここでもユーミンらしい発言が。

「楽曲提供の依頼が相当数あったと思いますが、そんな中、松任谷由実が自分で歌う意味は何ですか。ユーミンは『ユーミン』をどう捉えていましたか」という質問が。これに対し「(作詞家・作曲家だけでなく)人前に立つ人格というのも持ってるんですよね」と答えていた。

 さらに「荒井由実時代はあんまり気付いてなかったんですけど、エンタメに向いてる自分っていうのもあり、声が変わっているので私でないと歌えない歌っていうのもあって。実際、デビューの頃、『ひこうき雲』なんかは、プロデューサーの村井(邦彦)さんから『これ、自分で歌わないと表現できないよ』って言われて、嫌々歌うようになったぐらいなんですけど」と語った。

 が、その後、ライブを重ねていくうちに考えが変わってきたと明かし、「ある時、シンガーソングライターとスターっていうのをね…自分が言うとクサいですけれど『日本なんて狭いんだから、両立させちゃおう』って思ったんですよ」と。だが、そんな松任谷由実とユーミンの両立が「だんだん、最近疲れるなと思うようになっちゃって」と少々弱気な発言もしていた。

 さらに4日のベストアルバムの発売当日は「タモリ倶楽部SP」(テレビ朝日系)に登場した。「タモリ倶楽部」がスペシャルをやるのは珍しく、これもユーミン力か!?

 タモリとユーミンの共演は、93年の「タモリの音楽ステーション」以来、29年ぶり。さらに奥田民生と安齋肇を迎えて、ユーミンが大好きという「空耳アワー」のまるごとスペシャルだった。

 まずは「空耳」の新作発表。いかにもな下ネタ作品にも、爆笑で喜ぶユーミン。続いて、今回の目玉企画「空ユミアワー」。ユーミンのオフィシャルサイトで募集していた「ユーミンの楽曲限定の空耳」=「空ユミ」の中から厳選された応募作品を、「空耳」のスタッフが映像化するというコラボ企画だ。

「ユーミンの50年にわたる集大成と言っても過言ではない」とのナレーションに、安齋が「音楽活動の集大成なんですか」と心配そうに質問。タモリも「いいんですかね、こんな…」と訝しがるが、ユーミンはノリノリである。

 例えば名曲「埠頭を渡る風」の場合。「もうそれ以上、もうそれ以上」という歌詞が「妄想令嬢、妄想令嬢」に変換され、スッポンポンの男性が自分を誘ってくると妄想する令嬢の映像が流れる。

 これを見たユーミン、「自分のファンに誇りを持つ」と。安斎が「スタッフから『自分の曲ですよ』って」と、逆に心配の声が上がっていることを伝えるが、当の本人は「書き捨てですよ」と。さすが50年の余裕だ。

 そして、6日の「SONGS」(NHK)。「音楽で時代を築いたユーミンの50年」と題し、大半が過去の映像だったが、母校・立教女学院の礼拝堂で聞いたパイプオルガンの音色に衝撃を受け、独学で作曲を始めたといい、そのパイプオルガンで「翳りゆく部屋」を歌うなど、貴重なシーンばかり。

 1曲目の「あの日に帰りたい」が、実は詞を書き換えてと言われてやり直したものだったとか。最後は40年前の未発表曲「Call me back」を披露。AI技術を駆使し、荒井由実の声を再現、最新のAI技術で蘇らせた荒井由実と松任谷由実が歌うという試みだった。

 こういうのは年末の「紅白歌合戦」に取っておけばいいのに、と思いつつ、NHKも民放もユーミンの新譜宣伝に利用されてしまっているという事実。ユーミンの方が何枚も上手なのだった。

(堀江南)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
松本人志の居ぬ間に中山秀征…芸人たちが「実はスゴイ人」異常な絶賛の「あぁ不思議」
2
元楽天・安楽智大が来季「日本球界に逆輸入される」メキシカンリーグでの「標高2200メートル投球」
3
【雨予報のGI宝塚記念】ドウデュースは大敗!重馬場で急浮上する「この3頭」のウハウハ適性
4
「青春18きっぷ」夏季用がようやく発売でも消えない「冬季販売中止」の不穏な背景
5
「山口組のキッシンジャー」が体現した哲学! ヤクザの「平和共存」は方便などではなかった