芸能

有吉、坂上のブレイクでタレント活動に色気を出したヒロミは再び輝けるか!?

 バラエティ番組にひっぱりだこ、時には愛妻の松本伊代と夫婦で出演、このところテレビで顔を見る機会が増えているヒロミ。かつてはレギュラー番組10本、最高月収5000万円を誇る超売れっ子が、急に姿を見せなくなったのは、10年前に「発掘! あるある大事典」(フジテレビ系)での司会降板がきっかけ。レギュラー番組がなくなると、ゲスト出演もなくなり、一気に消えてしまった。その理由としてささやかれたのが、同番組で司会をしていた「堺正章に干された」説だった。

「諸説あるのですが、収録後のスタッフの飲み会で、ヒロミが『マチャアキ、最近ちょっと面白くないよね』と軽口を叩いたことで、堺に激怒されたとか」(芸能レポーター)

 その真偽について決して口にすることはなかったヒロミだが、先頃放送された「櫻井有吉アブナイ夜会」(TBS系)で、芸能活動開店休業の理由について告白した。

「堺との舌禍トラブルで芸能界にいられなくなったという説を否定し、『若い時から司会ばかりやっていて、いざ自分の番組が終わった時、(別の番組に)ゲストとしてどうやって出ていいのかわからなかった』と説明していましたが、あまり説得力はありませんでしたね」(前出・レポーター)

 休業中はひたすら遊びまくっていたという。釣りやトライアスロンなどスポーツ大好き。仲間と始めたトレーニングジムや岩盤浴などのスパ経営が大当たり。自ら考案したシェイプアップグッズの企画販売など、年商はタレント全盛期をも軽く上回っていたという。

 番組では社長仲間との会合の様子をVTRで紹介。気がねのない間柄ながら、月末に資金繰りであたふたしたり、従業員の給料の支払いに頭を悩ませたりと実業家として悩める一面を見せる一方で、元手が要らず、カラダひとつでできるタレント業がいかに恵まれているかを力説した。テレビ出演が相次いでいるのは「有吉弘行と坂上忍のブレイクのせい」と説明。大学生の息子が将来「俺、有吉になりたい」と言ったことに触発されたという。

「ヒロミ再ブレイクは、伊代が夫を放し飼いにしてやりたいことをやらせたおかげ。愚痴も不平も言わず、いまだにヒロミをダーリンと呼んではベタベタ。週1日のママ休業日には、朝から行きつけのカフェで2人仲良く朝食を食べるのが習慣だ。ヒロミの愛妻家ぶりは筋金入りで、茶の間ウケは抜群。実業家としての苦労のおかげで押したり、引いたりと臨機応変の司会ぶりを体得している。関係の深いフジテレビが司会獲得に乗り出すそうです」(テレビ誌記者)

 島田紳助が芸能界を去り、その毒舌ポジションを占めつつある有吉や坂上に続く存在となれるかどうか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
3
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」
4
フジテレビ井上清華「早朝地震報道で恥ずかしい連呼」をナゼ誰も注意しない?
5
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」