芸能

松たか子「はみ出し女優」が連発する「底知れない顔」/大高宏雄の「映画一直線」

 松たか子という俳優は、全く油断がならない。彼女が映画に登場すると、ちょっと異質な空気が漂う。不穏な感じもある。それは、内面が底知れないからだ。底知れなさが見え隠れするような表情、動作に、彼女独特の色がある。

 映画でなくても最近、目を見張ったのは、ある電気自動車のCMだ。木村拓哉と一緒に登場しているのだが、電気自動車に乗ったとたんに、右手を前に振りかざし(微妙な振り方)、キムタクに「行け」と言っているかのようなしぐさを見せる。全く、大胆不敵に思える。

 車が動き始めた時の表情が、また凄い。車の静かな動きに対する驚きの表情と言ってしまえばそれまでだが、それだけでは収まりがつかない。驚きの中に、何か別の感情が詰まっているように見えてくる。それが何かはともかく、内面の底知れなさには果てしない感じがある。

 沢田研二が孤高の作家を演じて素晴らしかった「土を喰らう十二ヵ月」(原案・水上勉)を見た時にも、驚くシーンがいくつもあった。信州で生活する作家のツトム(沢田)の話である。松たか子は、彼を担当する編集者・真知子の役を演じている。時々、原稿を受け取るために、東京からやって来る。手を重ね合わせるシーンもあり、男女の関係にあるようだ。

 映画の見どころは、ツトムが畑や近くの山々からもいでくる子芋、山菜、ほうれんそう、タケノコをはじめとする多くの食材を調理し、日々生活していく姿である。ただ、真知子側に視点を移すと、映画全体の様相がちょっと違ってくる。

 ある時、ツトムは「ここに住まないか」と切り出す。ここで、真知子が意外な表情を見せる。逡巡するのだ。何かを考えている。案の定、「少し考えさせて」と言い放ち、ツトムとは反対側に顔をそむけ、何とも言いようのない表情になるのだ。

 ニヤッと、少し笑ったようにも見えた。「少し考えさせて」とは、すぐに承諾の返事をしては早急だと感じたか。あるいは、彼女の中で、いくつかの選択肢が渦巻いたか。

 ただ、その後の「ニヤッと」の意味が不明である。普通なら「やっと、そう言ってくれたか」のニヤリともとれるが、微妙に違う。松たか子の「ニヤッと」は、傍からは想像もつかない。まさに、内面が底知れない。

 おそらく役柄的、物語的には、表面どおりに受け取ればいいのだろう。ところが松たか子が演じると、普通の物語展開が極めて不確実、曖昧なものに見えてくる。監督泣かせの俳優ではないか。意図された演出から、微妙にはみ出してくる印象がある。

 先の逡巡は後半で、ある変化を見せる。詳細は記さない。真知子の明快な態度のようだが、それを促したのは、ツトムのあることが原因である。そこを踏まえると、はたしてその態度は真知子の心底から出たものであろうか、と思う。

 ツトムの手の込んだ料理を何の躊躇もなく、先にパクっと口に入れる真知子を演じる松たか子が、電気自動車のCMと重なって仕方なかった。内面の底知れなさとともに、一見、傍若無人なふるまいもまた、松たか子の底知れない魅力なのである。

(大高宏雄)

映画ジャーナリスト。キネマ旬報「大高宏雄のファイト・シネクラブ」、毎日新聞「チャートの裏側」などを連載。「昭和の女優 官能・エロ映画の時代」(鹿砦社)など著書多数。1992年から毎年、独立系作品を中心とした映画賞「日本映画プロフェッショナル大賞(略称=日プロ大賞)」を主宰。2022年で31回目を迎えた。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
第5回WBC 大谷、ダルビッシュらメジャー組「一転不参加」危機
2
「虚言・嘘泣き野郎・溺れるナルシスト」YOSHIKIを襲うTOSHIの強烈「コキ下ろし歌詞」大騒動
3
ウクライナ軍の「大規模奪還作戦」3月開始が判明!でもロシアに「勝ちすぎて」プーチンがヤバイ行動に…
4
「孤独のグルメ」見た勘違いドライバーが続出!猛烈寒波の北海道での「観光地獄」
5
井上尚弥はSバンタム級で勝てるのか…渡嘉敷勝男と米トレーナーの予想がまっぷたつに