芸能

スピードワゴン小沢一敬の大失敗!菅田将暉にメシをおごったはずがなんと…/坂下ブーランの「地獄耳芸能」

 時に後輩からカネを徴収したくなるような状況でも、有吉弘行はグッと抑えているという。

 番組ロケでハワイに行くことになり、羽田で飛行機の待ち時間に、マシンガンズの西堀亮と寿司を食べた時のことだ。

「『今から日本を離れるし、寿司食ってさ』なんつって。で、空港にある回転寿司、値段が高いのよ。ウニとかになると800円。西堀がさ、普通の回転寿司感覚で食うっていうか。150円くらいの皿の感じで結構、食うわけ。『ウニうまいなぁ、もう一丁いっちゃおう』みたいな。それで1600円だからね」

 有吉は後輩の遠慮なさに言及するのだ。さらに有吉は言う。

「本当に150円の感覚で、バンバンいくんだよ。でも『西堀、さっきから高いのばっかりいってねぇか』って言うのはダサいじゃん。だから、ちょっとモヤモヤしながら食べてた。俺が安いのを頼むっていう調整法だよ。先輩と後輩の垣根がなくなってる」

 秘かに怒っていたのだ。

 有吉とは違い、おごる気マンマンながら、どうもうまくいかない芸人もいた。

 スピードワゴンの小沢一敬が語る。

「お好み焼き屋に後輩たちと行ったんですよ。そしたら、菅田将暉君みたいな子がご飯食べに来てて。女の子といたんです。こっちは後輩3~4人でいたんだけど『あれ、菅田さんですか』みたいな。で、店長さんに『あっちの支払い、俺につけといて』って言って。『東京って、そういう街だからさ』みたいな、格好つけて。そしたらね、帰り際に『小沢さん、今日ご馳走さまでした』って言われたんだけど、全く知らないヤツだったの。ただちょっと髪型と雰囲気が似てるだけのヤツにおごっちゃって…」

 笑い飛ばす小沢と同じく、おぎやはぎの矢作兼も格好をつけたつもりが、スベッてしまったことがある。

 矢作は妻と自宅近所のカフェで、たんぽぽの川村エミ子らに出くわした。

「芸人ってすごいね。すぐにさ、女の子なんだけど後輩だから、立ち上がってさ。『あ、おはようございます!』って」

 会計の際、矢作は後輩におごっていないことに気が付いた。

「たけしさんパターン。だいたい、(普段は)後輩と店がかぶらないじゃん。会うことないのよ。『これ、チャンスだ』と思ってさ。奥さんに『よく芸人の先輩がおごるやつ、かっこいいやつできるよ』って」

 ここぞとばかりにおごろうとすると、会計がわずか2800円だった。

「超恥ずかしかった。(少額すぎて)払おうかどうしようか、迷ったのよ」

(坂下ブーラン)

1969年生まれのテレビディレクター。東京都出身。専門学校卒業後、長寿バラエティー番組のADを経て、高視聴率ドキュメントバラエティーの演出を担当。そのほか深夜番組、BS番組の企画制作などなど。現在、某アイドルグループのYouTube動画を制作、視聴回数の爆発を目指して奮闘中。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
2
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
3
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え