スポーツ

鎌田がキレて久保は欠場…W杯サッカー日本代表に起きている「異変」

 クロアチア戦前日のピッチに、久保建英の姿はなかった。体調不良のため、2日連続でホテル療養。日本時間の深夜に行われる12月6日のクロアチア戦、そしてクロアチア戦に勝利した場合も、次の試合までの調整が間に合わないようだ。

「ドイツとスペインに勝ち、初のベスト8進出への期待は高まりましたが、チームの雰囲気は決して最高ではない」

 と、サッカー担当記者は言う。

 黒星を喫したコスタリカ戦と、1点先制されたスペイン戦前半、日本代表には不穏な空気が流れていたという。

「トップ下の鎌田大地が、感情をコントロールできていないのです。コスタリカ戦ではW杯初出場で固さが残る山根視来を怒鳴り散らし、スペイン戦では長友佑都に噛み付いた。苛立ちをコントロールできないんでしょう。コスタリカ戦では三笘薫のナイスアシストを生かしきれず、ミスを連発しました。ベテランで日本代表のムードメーカーである長友が鎌田をなだめ、空中分解を食い止めた。そのお陰で堂安律や田中碧のゴール、ゲーム終盤の吉田麻也の好セーブが生まれたと言ってもいい。久保も10歳からバルセロナに渡り、鋼のメンタルを持っているとはいえ、代表チームの中では最年少メンバー。萎縮することもあったのでは」(前出・サッカー担当記者)

 鎌田は今季、所属する独ブンデスリーガのフランクフルトで、チームトップの7ゴールを記録。W杯開幕まで絶好調だった。本人は「言い合うことは普通。別に僕はなんとも思っていない」と、コスタリカ戦後にスポーツ紙に答えている。

「経験豊富なメンバーと長い期間を戦うリーグ戦と、日本国内外に散らばった選手を集めて短期間で結果を出さなければならないW杯では、勝手が違うのは当たり前。スペイン戦勝利の歓喜の輪で鎌田だけが浮いていたように見えたのは、彼に課されたエースの仕事ゆえの孤独からではないかと…」(サッカー関係者)

 クロアチア戦でも先発が予想される鎌田。ようやく結果を出すことになるか──。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
人前ではとても口にできない…鉄道ファンに「残念な愛称」で呼ばれる路線3選
3
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題
4
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
5
投資額が10分の1になる「愚の骨頂」…専門家が重大警告「国が後押しする新NISAは地雷だらけ」