芸能

訃報!志垣太郎が演じた22年前のシュールすぎるCMは「元祖おっぱっぴー」

「志垣太郎さんに、小島よしおを彷彿させる爆笑CMがあったのをご存知でしょうか」(芸能関係者)

 俳優の志垣太郎さんが、今年3月5日に遠征先の佐賀県で急な体調不良を訴え、心不全で亡くなっていたことがわかった。享年70。

 長男でタレントの匠(たくみ)によるTwitterの書き込みから判明したもので、「あまりに突然の出来事であり、私と母は現実を受け止める事ができない状況が続いておりました」と、この時期の報告になった理由を記している。

 志垣さんは、最高視聴率21.2%を記録した人気ドラマ「おれは男だ!」(日本テレビ系・71~72年)で、主演の森田健作のライバルを演じて一躍注目を浴び、ドラマ、映画、舞台に数多く出演。シリアスな役どころもこなせば、バラエティーの素養も兼ね備えており、85年から96年まで放送された「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」(日本テレビ系)では、デビル志垣なるキャラで、視聴者の笑いを誘った。

 そんな志垣さんが出演した、忘れられないテレビCMがある。それを評したのが、冒頭の芸能関係者のセリフだ。続けて、

「00年5月に放送された、アース製薬『ちびっこホイホイ』の『小さいけれどパワフル・ハ~イ!美女篇』です。黄色い海パン一丁の志垣さんが、ちびっこホイホイと書かれた、腰あたりに位置する囲みの看板を首から下げ、『ちびっこホイホイ、ちびっこホイホイ』と、浜辺でくつろぐ美女にリズミカルに歩み寄るのです。『ハ~イ!』と高らかに左手を上げるも、美女は無視…といったシュールなものでした。その姿が小島よしおの『はい、おっぱっぴー』みたいだと、今の若者の間で話題になったんです。特徴である太い眉も共通点で」

 時代を先取り(?)していたのである。合掌。

(所ひで/ユーチューブライター)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本州で2番目の長距離路線バスが廃止に!太川陽介「バス旅」番組を襲う「打ち切り」危機
2
キッズ商品に大谷バブルの悪影響!ママたちがドジャースの高級ブランド化に「大谷さん、何とかして」と悲鳴
3
田代まさしが東国原英夫に語った「薬物依存は刑務所に入れても意味がない」持論の是非
4
【鉄道界激震】西武鉄道が「箱根山戦争」を繰り広げた「小田急・東急の中古車両」購入の「格落ち」感
5
好きなところに変化球!ドジャース・山本由伸に大谷翔平が教えた「寝る時間」の極意