芸能

火遊びOK!?上白石萌歌「大好きな俳優と出演作」が物語る「アブない性衝動」

 女優の上白石萌歌といえば、いまだスキャンダルはなく、姉の萌音とともに清純派として知られる。ところが先ごろ「好きな男性のタイプ」として、本人の口から意外な名前が飛び出した。

 それは、彼女が12月4日に放送されたラジオ番組「澤本・権八のすぐに終わりますから」(TOKYO FM)に出演した時のこと。

「願いが叶うとしたら今、誰に会いたいか」という質問に萌歌は、香港の世界的ベテラン俳優であるトニー・レオンの名前を挙げ、

「結構リアルに恋しちゃってるくらい大好き」

 と明かしたのだ。

 彼女曰く、ウォン・カーウァイ監督の作品にハマり、特に「恋する惑星」や「花様年華」などに登場するトニーが大好きなのだとか。過去の作品を見て「息が止まりました」などと語るほどの惚れ具合だ。映画ライターが語る。

「『花様年華』は、隣に住む既婚者同士の淡い関係を描いた作品で、ザックリと言えば不貞モノ。しかも実生活でも、トニーは08年に長年恋人関係にあった女優のカリーナ・ラウと結婚しているものの、00年にこの『花様年華』で共演したマギー・チャンとの不貞報道が絶えない時期がありました。現在60歳になるトニーですが、そうした若い頃の彼や作品が好みとなると、萌歌も意外に危なっかしい火遊び願望があるのかも」

 萌歌は11年の「東宝シンデレラオーディション」でグランプリを受賞。当時は話題作に連続で出演していたが、現在は萌音の人気に押され、存在感がイマイチ。女優として脱皮する意味でも、スキャンダラスな恋愛を経験してもいいのかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「虚言・嘘泣き野郎・溺れるナルシスト」YOSHIKIを襲うTOSHIの強烈「コキ下ろし歌詞」大騒動
2
松井秀喜が選ぶ「プロ野球ベストナイン」で「あいつはラクした」辛口評価の遊撃手
3
第5回WBC 大谷、ダルビッシュらメジャー組「一転不参加」危機
4
「授かり婚」土屋太鳳にドラマ現場から「しばらく戻ってこなくていい」の声が出る理由
5
関西ラウンジママが悲痛激白…最強寒波で最も困る職業は「夜のホステスなんです」