芸能

火遊びOK!?上白石萌歌「大好きな俳優と出演作」が物語る「アブない性衝動」

 女優の上白石萌歌といえば、いまだスキャンダルはなく、姉の萌音とともに清純派として知られる。ところが先ごろ「好きな男性のタイプ」として、本人の口から意外な名前が飛び出した。

 それは、彼女が12月4日に放送されたラジオ番組「澤本・権八のすぐに終わりますから」(TOKYO FM)に出演した時のこと。

「願いが叶うとしたら今、誰に会いたいか」という質問に萌歌は、香港の世界的ベテラン俳優であるトニー・レオンの名前を挙げ、

「結構リアルに恋しちゃってるくらい大好き」

 と明かしたのだ。

 彼女曰く、ウォン・カーウァイ監督の作品にハマり、特に「恋する惑星」や「花様年華」などに登場するトニーが大好きなのだとか。過去の作品を見て「息が止まりました」などと語るほどの惚れ具合だ。映画ライターが語る。

「『花様年華』は、隣に住む既婚者同士の淡い関係を描いた作品で、ザックリと言えば不貞モノ。しかも実生活でも、トニーは08年に長年恋人関係にあった女優のカリーナ・ラウと結婚しているものの、00年にこの『花様年華』で共演したマギー・チャンとの不貞報道が絶えない時期がありました。現在60歳になるトニーですが、そうした若い頃の彼や作品が好みとなると、萌歌も意外に危なっかしい火遊び願望があるのかも」

 萌歌は11年の「東宝シンデレラオーディション」でグランプリを受賞。当時は話題作に連続で出演していたが、現在は萌音の人気に押され、存在感がイマイチ。女優として脱皮する意味でも、スキャンダラスな恋愛を経験してもいいのかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
2
息子2人を殺したら実の孫娘に毒殺された戦国武将「粛清王」の末路
3
ドジャース・山本由伸「重傷離脱」でメジャー球団がロッテ・佐々木朗希獲りから撤退する「シビアな評価」
4
小川直也が22年後にバラした「猪木の絶対指令」橋本真也を殴る蹴る/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
5
【天皇杯】大学生に惨敗したFC町田ゼルビア・黒田剛監督「試合後のブチまけ」悪態三昧に「お前が言うな!」