芸能

「年間CM女王」才色兼備の芦田愛菜は「4つの弱点」も魅力的だった

 ニホンモニター調べの「CM起用社数ランキング」で、17社で年間総合首位に輝いた芦田愛菜。上半期の時点ですでに15社と単独トップの状態だったが、さらに上乗せされ、首位をキープした格好だ。広告代理店関係者が語る。

「子役時代から誰にも愛されるキャラクターは変わらず、老若男女問わず世間の認知度も抜群に高い。加えて最近は、バラエティー番組に出演することで博識のイメージが広がった上、18歳の大人の清楚さも漂い始めている。なによりスキャンダルが皆無で、安心して起用できるというのも、スポンサー受けがいい理由です」

 芦田は現在、慶應義塾女子高校に通う3年生。来年春に控える大学進学については、言われていた医学部進学説に否定的な報道も出ているが、いずれにせよ、受験のために仕事をセーブした状態での「17社起用」は、末恐ろしいほどの快挙だ。

 ここまで完璧な女優となると、いったい彼女のどこに「弱点」があるのか、思わずアラ探ししてみたくなってしまうが、

「公私ともに苦手なものはあるようだ」

 とは芸能ライターの弁である。

「仕事面では、実は食レポが苦手。バラエティーやCMでのアドリブでは一見、全く違和感はないのですが『うまく(視聴者に)伝えられない』と常に悩んでいるそうです。食に関しては料理もまるでダメで、6月に放送された『1億3000万人のSHOWチャンネル』(日本テレビ系)では、味噌汁ぐらいしか作ったことがないと告白した。キッチンスタジオでの調理では包丁を握る手が危なっかしく、珍しくテンパッていましたね。運動全般も苦手で、特に水泳は『カナヅチ』レベル。平泳ぎをすると、後ろに進んでしまうそうです(笑)」

 かつては、朝に目覚まし時計で起きられないことも打ち明け、母親に無理矢理起こされる日もあると語っていた芦田。こうした親近感が湧く一面も手伝って、今後ますますCM数を増やしていきそうなのである。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
第5回WBC 大谷、ダルビッシュらメジャー組「一転不参加」危機
2
「虚言・嘘泣き野郎・溺れるナルシスト」YOSHIKIを襲うTOSHIの強烈「コキ下ろし歌詞」大騒動
3
ウクライナ軍の「大規模奪還作戦」3月開始が判明!でもロシアに「勝ちすぎて」プーチンがヤバイ行動に…
4
「孤独のグルメ」見た勘違いドライバーが続出!猛烈寒波の北海道での「観光地獄」
5
井上尚弥はSバンタム級で勝てるのか…渡嘉敷勝男と米トレーナーの予想がまっぷたつに