芸能

「男闘呼組」前田耕陽が「非イケオジ」ショックでダイエット奮闘する再結成の裏話

 88年にジャニーズ事務所からデビューしたロックバンド「男闘呼組」(成田昭次・高橋和也・岡本健一・前田耕陽)は、今年7月16日に放送された番組「音楽の日2022」(TBS系)で、再活動を発表した。29年ぶりの再結成による、23年8月末までの期間限定となる。

 前田の妻である「海原やすよ ともこ」のともこが12月6日放送の「やすとも・友近のキメツケ!」(カンテレ)で、再結成の裏話を明かしている。

「今年のベストソングはコレで決まり!」というテーマでトークが展開されると、ともこは男闘呼組の「秋」を挙げた。そして再結成前、前田が家で必死に練習していたことを告白。10月に開催された初ライブには木村拓哉や生田斗真も駆けつけたが、ともこは、

「初めて、ジャニーズやったんや…って、自分の旦那さんのこと思った」

 しみじみと語ったのである。

 一方で、メンバーが「イケオジ」と呼ばれることについては、

「『前田耕陽以外』って言われてる」

 と笑い飛ばしていた。音楽ライターが語る。

「確かにSNS上には、再結成にあたっても『前田耕陽以外』といった旨の書き込みが見受けられましたね。理由は前田が少々太り気味のためですが、ともこによれば、それを気にして、今は自転車で運動するなどダイエットに奮闘中だといいます。それでも一般の50代男性と比べれば十分にイケオジで、他の3人のスリムな体型が驚異的なだけでしょう」

 男闘呼組は今年のレコード大賞で、特別賞を受賞。12月30日の放送では、ステージ上で演奏するというから、前田がどこまでスリムになっているのか楽しみにしたい。

(鈴木十朗)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「虚言・嘘泣き野郎・溺れるナルシスト」YOSHIKIを襲うTOSHIの強烈「コキ下ろし歌詞」大騒動
2
松井秀喜が選ぶ「プロ野球ベストナイン」で「あいつはラクした」辛口評価の遊撃手
3
第5回WBC 大谷、ダルビッシュらメジャー組「一転不参加」危機
4
「授かり婚」土屋太鳳にドラマ現場から「しばらく戻ってこなくていい」の声が出る理由
5
関西ラウンジママが悲痛激白…最強寒波で最も困る職業は「夜のホステスなんです」