芸能

「Breaking Down」次から次へとスター誕生の「出たら儲かる」仕掛け

 RIZINで活躍する格闘家でユーチューバーの朝倉未来が手掛ける「1分間最強を決める。」がコンセプトの格闘イベント「Breaking Down(以下、BD)」。その人気ぶりが、昨年の発足以来、エラいことになっている。格闘技ライターが解説する。

「フル出力で1分間殴り合うという分かりやすさ、BD4(第4回大会)でのこめお、BD5での飯田将成のブレイクで、一気に火がつきました。10月の【YouTube動画再生数 月間ランキング TOP10】には、11月3日に行われたBD6のオーディション動画が実に5本もランクインし、YouTubeを完全にジャック。試合本編を見るには、前売りで約3300円、当日で約3800円というPPV料金がかかりますが、その収益は前大会のBD5の3倍にまで膨れ上がったと、プロデューサーのYUGO氏が明かしています」

 12月3日に開催された「Breaking Down6.5」はYouTubeで無料公開され、こちらも瞬く間に300万回再生を超えている。

「出場選手はプロの格闘家から完全な素人、ユーチューバーや街のケンカ屋まで、バラエティーに富んでいます。オーディションでキャラクターをアピールできれば一夜にして注目の存在となり、自身のYouTubeチャンネルの登録者は激増。SNSのフォロワーも倍増です。試合に出場すれば広告案件も舞い込み、大きな影響力と収入を手に入れることができるんです」(前出・格闘技ライター)

 事実、初出場となったBD5での衝撃的なKO勝ちに加え、寡黙で硬派なイケメンぶりとジブリ好きのギャップ萌えで「BDの顔」となった元プロボクシング日本ランカーの飯田は、どこを歩いても人だかりができるほどの有名人に。回を重ねるごとに新たなスターが生まれており、このブームは当分、落ち着きそうにない。

 その一方で、不安要素も出ていると明かすのは、格闘技イベント関係者である。

「BD6の前日会見で『会津の喧嘩屋』久保田覚が、対戦予定だったまさおをイスで殴って流血させる事故が起きました。これまで同イベント最大の売りでもあった、出場者同士の『煽り合い』に今後、制限がかかりそうです。また、女子部のオーディションの審査員や試合解説として関わってきた女子キックボクサー・ぱんちゃん璃奈が、那須川天心と武尊のサイン入りポスターを偽造販売したとして逮捕された。この事件の影響も、イベントに暗い影を落とすでしょう」

 とはいえ、そんな騒動でさらに注目度を高めているのだから、現時点で最強のコンテンツであることは間違いない。次回大会、BD7の模様は、年明けから順次公開される予定だという。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
人前ではとても口にできない…鉄道ファンに「残念な愛称」で呼ばれる路線3選
3
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
4
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
5
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題