芸能

吉川晃司があの「紅白大暴れ事件」をナマ謝罪…「NHK出入り禁止10年」を食らった反骨の動機

 NHK連続テレビ小説「舞いあがれ!」で歌手・吉川晃司は、ヒロインの舞(福原遥)を指導する航空学校帯広校の大河内教官役として出演している。

 12月9日にはドラマを受ける形で「あさイチ」に生出演したのだが、デビュー当時のVTRが流されると「いろいろやらかしました。若気の至りで」。すかさずMCの博多大吉に「紅白でもやらかしてましたね」とツッコミを入れられたのだった。テレビ誌記者が当時を振り返る。

「84年にデビューし『モニカ』が大ヒットした吉川は、85年の紅白にトップバッターとして初出場。その際、白組にもかかわらず、真っ赤な衣装で登場して『にくまれそうなニューフェイス』を熱唱するや、予定外の行動に出ました。客席に降りてカメラに体当たりするなど、大暴れ。しまいには持っていたシャンパンをブチまけてセットをグチャグチャにしたあげく、火をつけたギターを床に叩きつけて破壊。これで進行も滞り、シブがき隊の布川敏和が床に残っていたシャンパンで滑って二度も転倒する、というオチまでつく大騒動に発展しました」

 以後、吉川は紅白に加え、NHK自体も10年以上、出入り禁止になったとされる。2000年代に入ってからようやく大河ドラマに出演するなど、関係は良化した。

「当時の行為はハチャメチャにも思えますが、本人も今回、謝りながらも『至って真剣にやっていた』としているように、彼なりの訴えはあった。騒動後のインタビューで、賞の出来レースぶりや、プロダクション、事務所の政治力に不満を抱いていたことを明かし、『抗議』的な側面もあったと打ち明けていますからね。そのぶん、手痛い制裁を食らったわけですが、そんな熱い吉川ゆえ、今も多方面で活躍し続けているのでしょう」(テレビ関係者)

 ロック界はもちろん、テレビ界においても貴重なレジェンドなのである。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
元フジテレビ・久代萌美が「仕方なく妊娠発表」したのは「気になりすぎるネットニュース」があったから
2
「200勝到達」ダルビッシュ有に恐れおののいた落合博満の「あの日本シリーズ」秘話
3
田代まさしが東国原英夫に語った「薬物依存は刑務所に入れても意味がない」持論の是非
4
天国の沙也加が引き寄せた!激ヤセから復活の神田正輝を支えたのは松田聖子の「筑前煮」だった
5
「中距離バッターなんてありえない」名将・野村克也が説いた古田敦也への教え