社会

2022年「ヒット商品予測」を実際に答え合わせしてみた!そして2023年は…

「日経トレンディ」の恒例企画「ヒット商品ベスト30」。ヒット予測と、実際にヒットした商品を、勝手に答え合わせしてみた。2022年初にヒット予測されていたのは、以下の通りだ。

 徒歩や電車での移動でマイルが貯まるアプリ「Miles」「ANA Pocket」/冷凍食品スーパー/NFTトレーディングカード/次世代自販機/軽量スマートグラス/アルコール入り炭酸飲料「ハードセルツァー」/日テレ「スッキリ」が密着したオーディションで選ばれた7人組ボーイズグループ「BE:FIRST」/ちいかわ/Z世代のSNS「パラレル」/女性更年期に備えるデバイス「フェムテックギア」

 このうち、同誌の2022年12月号で紹介された「2022年ヒット商品ベスト10」と日経新聞ヒット商品番付にともにランクインしたのは、小さくて可愛いキャラクターを描いた「ちいかわ」のみ。

 冷凍食品専門スーパーではなく、コンビニの冷凍ケースが充実し、中でもレンジでチンして食べる「冷凍冷やし中華」が大ヒット。アルコール炭酸飲料も海外の人気商品ではなく、和素材を配合した「翠ジンソーダ缶」がハイボール缶を上回る売れ行きとなり、アサヒ生ビール缶もヒットした。

 2022年は「睡眠の質」を追求する商品が売れた。日経新聞のヒット商品番付で「大関」、日経トレンディのヒット商品ランキングでも1位になった「ヤクルト1000/Y1000」は、ストレス緩和と深い眠り「ノンレム睡眠」時間が長くなる効果が期待される乳酸菌飲料である。ほかに、寝る前に飲むと疲れが取れる効果があるとされる「アリナミンナイトリカバー」、耳を温めて安眠を促す「ナイトミン 耳ほぐタイム」など、睡眠関連商品4商品がトップ30入りした。

 こうしてヒット予測との答え合わせをしてみれば、実際にヒットしたのは「更年期」ではなく、全世代共通の悩みである「睡眠」だった。

 ヒット予測に挙がっていた「BE:FIRST」や、日韓女性ガールズグループ「NiziU」のオーディションに密着していた朝の長寿番組「スッキリ」は、2023年3月末で終了する。

「韓流タレントのゴリ推しが、視聴者離れを加速させました。スポンサーの意向で、民放各局は視聴者の若返りを迫られています」(テレビ関係者)

 というのだから世の中、何が起こるかわからない。2023年は「スッキリ」の他にも、長寿番組が次々と打ち切られる年になりそうだ。

 同誌の2023年ヒット予測はというと、

コンビニジム/シン・仮面ライダー/ステルス家電/カスタムビール/味変スプーン&おわん/東急歌舞伎町タワー/水素調理レストラン/ライブゲーム/光ヘアケアドライヤー/ヨーグルト/NFTチケット/ハリーポッターワールド

 日経新聞と「日経トレンディ」のヒット予測は、概念論が増えた。消費者の指向が読めない時代になったといえるだろう。

 その中でヒットのテッパンは、庵野秀明監督作品。2021年、2022年の「シン・エヴァンゲリオン」「シン・ウルトラマン」がヒット商品にランク入りしている。Z世代を意識する一方で、2021年以降の昭和平成への回帰指向は、新年になっても続くのだろう。

 今さらカスタムビールが流行るといわれても、今まで通り新年も居酒屋でおいしくホッピーが飲めれば、それで御の字だ。

カテゴリー: 社会   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「虚言・嘘泣き野郎・溺れるナルシスト」YOSHIKIを襲うTOSHIの強烈「コキ下ろし歌詞」大騒動
2
松井秀喜が選ぶ「プロ野球ベストナイン」で「あいつはラクした」辛口評価の遊撃手
3
第5回WBC 大谷、ダルビッシュらメジャー組「一転不参加」危機
4
「授かり婚」土屋太鳳にドラマ現場から「しばらく戻ってこなくていい」の声が出る理由
5
関西ラウンジママが悲痛激白…最強寒波で最も困る職業は「夜のホステスなんです」