芸能

世良公則&ツイスト「プロデビュー拒否」メンバーのドタバタ劇/日本音楽シーン「名作裏面史」

 昨年末のNHK「紅白歌合戦」で特別枠として、同い年の桑田佳祐らとともに、スペシャルステージで、60代という年齢を感じさせないパワフルな熱唱を披露した世良公則。近年は野村義男とのユニット「音屋吉右衛門」名義でのアコースティックを中心としたライブ活動や、役者としてのイメージが先行する。

 だが、一世を風靡した80年代、「ツイスト」時代の世良は、ロッド・スチュワートばりのド派手なマイクパフォーマンスに、足を大きく広げた空手アクションを交えて熱唱する、まさにワイルドなロックボーカリストだった。

 世良のデビューシングルは言わずと知れた「あんたのバラード」だが、彼がこの曲を書いたのは、大阪芸大4年の時。当時、彼が籍を置くバンドは大学卒業と同時に解散することが決まっており、記念として最後に出場したのが、ヤマハが開催する「ポピュラーソングコンテスト」だった。

 ところが、運というのはわからないものだ。77年10月、「あんたのバラード」はなんと、ポプコン本選会で見事、グランプリを獲得。さらに11月に行われた第8回世界歌謡祭でもグランプリを獲得したことで、12日後の11月25日に急遽、キャニオン・レコード(現・ポニーキャニオン)から発売されたのが、デビューシングルとなるこの曲だったのである。

 実をいうとメンバーにとって「ポプコン」出場は、あくまでも青春の思い出。世界歌謡祭グランプリも、あとでついてきた名誉ある「大きなオマケ」にほかならなかった。

 結果、シングルを発売するも、バンドに残ったのは世良とキーボードの神本宗幸だけ。すでに就職が決まっていた他のメンバーは、プロとして活動することを拒否した。

 そこで急遽、別のバンドに所属する大学のバンド仲間で12月21日に「世良公則&ツイスト」を結成。翌78年2月に上京するという、バタバタなデビュー劇となったのである。

 そんなこともあり、「あんたのバラード」には「ザ・ベストテン」(TBS系)や「夜のヒットスタジオ」(フジテレビ系)といった歌番組で繰り返し演奏された「ツイスト」によるバージョンのほか、オリジナルメンバーによるスタジオ盤シングルと、ファーストアルバム「世良公則&ツイスト」(78年7月発売)に収録された「世界歌謡祭」音源が存在する。それぞれを聴き比べてみるのも面白いだろう。

 彼らはこの曲で、50万枚を超える売り上げを記録。オリコン最高順位6位に輝き、続く「宿無し」(3位)、「銃爪 (ひきがね)」(1位)、「性(サガ)」(5位)、「燃えろいい女」(3位)と、立て続けに大ヒットを量産した。

 なお、アルバム「世良公則&ツイスト」は、日本のロックバンドのデビューアルバムが初めてチャート1位を記録したとして、今も歴史にその名が刻まれている秀作だ。

 ロックを大衆化したという意味において、世良公則&ツイストが残した功績は大きかったのである。

(山川敦司)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝

    日本時間の7月17日、MLBオールスター「ア・リーグ×ナ・リーグ」(グローブライフフィールド)は淡々と試合が進んでいた。NHK総合での生中継、その解説者で元MLBプレーヤーの長谷川滋利氏が「みんな早打ちですね」と、少しガッカリしているかのよ…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」

    プロ野球12球団にはそれぞれ、ファンに親しまれるチームカラーがある。今季の広島カープのチームカラーを象徴するシーンが7月初旬、立て続けに2つあった。まずは7月4日の阪神戦だ。3-3で迎えた8回裏、カープの攻撃。この試合前までカープは3連敗で…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
伊達綱宗に5億円を要求!身請けされても指1本触れさせず斬殺された「悲劇のトップ花魁」
2
38歳で完全に浜崎あゆみ路線!AAA宇野実彩子の過激化に賛否勃発も「一度露出したら止められない」
3
【ヤバイぞコロナ】5類移行後の「最大波」が襲来!過去の免疫をいとも簡単にすり抜ける「新変異株」の正体
4
撤退バイデン「老害批判」のトランプに「当選すればお前こそ老いぼれ大統領」最高齢記録更新の大ブーメラン
5
「巨人軍は冷たい。それは今も感じている」西本聖が嘆いた現役時代の「仕打ち」