スポーツ

高校サッカー・青森山田を撃破した神村学園に大喝采でクローズアップされる「部活動の意義」

 1月4日に行われた高校サッカー選手権の準々決勝(等々力)で、神村学園(鹿児島)が前回覇者の青森山田を2対1で下し、16年ぶりの4強入りを果たした。

 まさかの敗退で、青森山田を応援していたファンからは悲鳴が上がる事態に。高校サッカーに詳しいスポーツライターが解説する。

「青森山田は26年連続で全国大会に出場しており、県内では388連勝と、もはや敵なしの状態です。今年の予選では特別シードで準決勝から出場し、初のベスト4入りを果たした向陵を17対0と圧倒。決勝では野辺地西を延長戦の末に2対1で下しています。高校サッカーは3年間で必ず選手が卒業して入れ替わるため、その年によって実力に波が出るものですが、青森山田がこれほどまで長期にわたって覇権を握っているのは、全国から有力な選手が集まるからにほかなりません。ただ、この無敵の一強の存在により、地元ではむしろサッカーに注力できないという学校も少なくなく、青森の高校サッカー部は特殊な状況に置かれていると言っていいでしょう」

 一方の神村学園は、ドイツの名門ボルシアMGのアンダーチームへの加入が決まっている福田師王を含め、地元の神村学園中学出身者が多数を占める。「小中高一貫」 で、選手の育成に力を入れているのだ。

「九州・沖縄の有力選手が神村学園中に進学するケースも多いため、純粋な地元出身者ばかりというわけではありません。ただ、遠隔地から集まる選手が主体の青森山田とは異なるためか、神村学園をひいきする声が大きくなっている現実があります」(前出・スポーツライター)

 本来の高校部活動の意味を思い出させる、神村学園の躍進ぶり。初の4強入りとなった岡山学芸館との準決勝(国立)は7日に行われる。

(ケン高田)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
2
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
3
「デパ地下」も静かに終了…池袋西武が象徴する「インバウンドに特化」デパートの苦境と未来
4
「函館記念」はオニャンコポンの1着固定!3連単平均57万円の超大荒れレースで買えない人気馬のガチ共通点
5
サッカー元日本代表「王様・中田英寿」は自ら演出した「策略」だった!チームメイトが明かす「嫌われ役」秘話