芸能

小学生の女の子が「イチモツ音頭」を熱唱!佐賀のローカル番組「どぶろっくの一物」をぜひ全国放送に!

 フジテレビの新しいお昼の番組「ぽかぽか」のコーナーのひとつに「日本中に知って欲しい!FNSおすすめジモTV」なるものがある。フジテレビ系列各局で放送されている人気ローカル番組を週替わりで紹介するもので、初回に取り上げられたのは、サガテレビ「どぶろっくの一物」だった。

 この番組、佐賀県出身のお笑いコンビ「どぶろっく」の森慎太郎と江口直人が佐賀県内をロケでめぐり、自信を持って紹介できる一番の物や、視聴者のオンリーワンを見つける「地域活性化バラエティー」が謳い文句。ここで言う「一物」は「ナンバーワンやオンリーワンの物」を意味しているというが、そこはどぶろっくのこと、男性の局部をダブルミーニングで掛けているのは明らかだ。

 地元民との会話ではお得意の下ネタをちょくちょく挟み、食レポの際には一口食べると「うまイチモツ!」とお約束のように叫ぶ。そして終盤は、その回の思い出を下ネタ混じりの歌で披露する。これがとにかく面白かった。「ぽかぽか」はどうでもいいから、「どぶろっくの一物」だけをずっと流してほしいほどだ。

 思えば、爆死した前番組「ポップUP!」では、放送開始直後から木曜レギュラーの高嶋政宏が下ネタやセクシャルハラスメント発言が問題視された。番組中、佐野瑞樹アナから注意を受ける場面がちょくちょくあったものだ。

 結果、委縮してしまったのか、高嶋は牙を抜かれた狼に。そもそも「変態紳士」という著書のある高嶋をブッキングしておきながら、肝心の特質を封印って、それはないだろう。

 ともあれ、そんな前番組での「高嶋の下ネタ」という失敗事案がありながら、ローカル番組の紹介とはいえ、どぶろっくの番組を俎上に。が、高嶋には目くじらを立てていた視聴者も、どぶろっくの下ネタはウエルカムなムード。なんとも得なコンビだ。

 彼らのイメージといえば、下ネタ全開の歌詞を、キャッチーなメロディに絶妙な譜割で乗せて、無駄にいい歌唱力で2人が熱唱する。しかも聞き手が引いてしまう一歩手前の表現で、思わずニヤリとしてしまい、最後は爆笑をかっさらうという芸だ。

 このご時世、彼らのような笑いは、なにかと非難の的になりそうなもの。だが実際はというと、19年の「キングオブコント」で優勝した、病気の母を持つ農夫と神様に扮してのコントでの「大~きな~イチモツを~く~ださい~♪」の歌などは、21年「FNSラフ&ミュージック・第一夜」で、山崎育三郎・尾上松也・城田優の3人が熱唱。出演者のみならず、視聴者からも大絶賛を浴びていた。昨年大晦日の「笑って年越し!世代対決 昭和芸人 vs 平成・令和芸人」においては、徳永ゆうき、大川栄策、松崎しげるの3人を迎えて「イチモツ音頭」を熱唱。「イ~チモツ音頭で、あの娘もこの娘も~、チョ~メチョメチョメ、し~てみません~か~♪」と大盛り上がりだった。

 どぶろっくの2人は、保育園の時から小学校、中学校、高校、大学までずっと同級生だったとか。こちらの勝手な想像だが、幼い頃から同じテレビの話題で盛り上がり、ゲームで遊び、やがて第二次成長期を迎えて性に目覚めた頃に、ああだこうだと笑って交わした好色話をそのままネタにしているのではないか、と。私にはそんなふうに見えて、「いやらしさ」よりも、むしろ「ほほえましさ」を感じてしまう。

 その証拠といってはなんだが、どぶろっくの大ファンだという小学生の女の子、ななちゃんが登場し、意味を理解しているのか否かはわからないが、フリもしっかりつけて「イチモツ音頭」を大喜びで熱唱していた。いずれ彼女が大人になって「恥ずかしい」と思うか「誇らしい」と思うかは分からないが、少なくとも良い思い出になったのは間違いないだろう。「8時だョ!全員集合」における加藤茶の「ちょっとだけよ」と同じで、いつの時代も、子供はこういう猥褻さが大好きなのだ。

 満面の笑みで「イチモツ音頭」を歌うななちゃんと、それを微笑ましく見守る両親を見て、なんと温かくて平和な時間が流れているのかと思った。ななちゃんのような子がいる限り、日本の未来はまだまだ明るい!

(堀江南)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
松本人志の居ぬ間に中山秀征…芸人たちが「実はスゴイ人」異常な絶賛の「あぁ不思議」
2
【雨予報のGI宝塚記念】ドウデュースは大敗!重馬場で急浮上する「この3頭」のウハウハ適性
3
「青春18きっぷ」夏季用がようやく発売でも消えない「冬季販売中止」の不穏な背景
4
「山口組のキッシンジャー」が体現した哲学! ヤクザの「平和共存」は方便などではなかった
5
元楽天・安楽智大が来季「日本球界に逆輸入される」メキシカンリーグでの「標高2200メートル投球」