芸能

南野陽子がまた事務所独立の不可解!「醜聞まみれ夫」がチラつく舞台裏

 南野陽子が昨年いっぱいで所属事務所「ケイダッシュ」を退社し、今年から個人事務所で活動していることが、一部スポーツ紙により報じられた。

 南野は84年に芸能界デビューしたが、90年に当時の所属事務所から独立。その後も事務所を転々とし、99年からケイダッシュに所属していた。芸能ライターが語る。

「デビュー時の事務所とは反りが合わず、独立騒動に発展。結果的に芸能界で干される状態に陥りました。おまけにこの事務所が勝手に彼女の名前を使って不動産投資などを行い、億単位の借金を背負わされた。彼女も大ゴトになるのを嫌って『20年かけて全額返済した』と嘆いています。大手のケイダッシュに移籍していなければ、20年での完済は難しかったでしょうね」

 最近の南野は、18年にNHK大河「西郷どん」、20年には「半沢直樹」(TBS系)や「科捜研の女」(テレビ朝日系)、21年も「ネメシス」(日本テレビ系)などの話題作に出演。この他、映画や舞台などでも活躍し、順風満帆かと思われていた。それだけに、今回の独立は不可解と言うしかない。

「『話し合いを重ねた上での、契約期間満了による退社』と伝えられていますが、実際には11年に結婚したクリニック経営者の夫の影響が指摘されています。この夫は、15年に銀座のクラブママとの不貞が報じられ、18年には部下への暴行事件、さらには金銭トラブルと醜聞が絶えない。南野はそんな夫をかばい続け、今も離婚には至っていない。さらに積極的に仕事の幅を広げたい彼女と、イメージを気にして二の足を踏む事務所側との温度差が今回の独立を招いた、との見方もありますね」(前出・芸能ライター)

 また干されるなんてことにならなければいいが…。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
2
太川陽介を「バスの悪魔」とコキ下ろし!「あのちゃん」まさかの「バス旅復讐戦」へ
3
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」
4
海外移住のフワちゃん「遊んでいても年商1億円超」新ビジネス開始の「驚異の商才」
5
1編成に2室だけ!東海道新幹線に導入「高額個室」は「芸能人御用達」と化す