女子アナ

フジテレビ・永島優美アナ「めざまし8」卒業で同僚アナに漏らしていた「切実なひと言」

「今後は新しいことに挑戦していきたいと思っています」

 これはフジテレビの永島優美アナが「めざまし8」を3月末で降板するにあたっての、本人の弁である。女子アナ評論家がその胸中を推察する。

「新人時代の『めざましテレビ』時代から合わせれば9年間、フジテレビの朝の顔を担ってきただけに、今回の決断は大きなものだったといえます。3年前に『めざまし8』に就任する直前、1歳年上の局員との結婚を発表している。仕事によって私生活が振り回されない、自分なりのライフスタイルの確立を重視したのだと思います」

 看板アナの登竜門とはいえ、朝の番組の労苦は並大抵のものではないという。

「早朝3時にスタジオ入りし、昼夜逆転の生活に20代を捧げたことになります。特に女性は体調管理が難しく、先輩の加藤綾子がかつて、激務のため番組放送中に倒れたこともありました。このことは永島アナにとって、ひとつの教訓となっているのは間違いないでしょう。『めざまし8』を担当してからの3年間は、放言を連発するMC谷原章介の尻拭いをさせられたわけですから、精神的な負担が増えていたのは間違いない」(前出・女子アナ評論家)

 看板アナとして活躍した永島アナは、次に何を目指すのか。フジテレビ関係者が打ち明ける。

「実は同僚の既婚女子アナには『早く子供が欲しい』とこぼしているようなんです。番組ではサッカー解説者の父・永島昭浩氏と共演を果たし、家族思いな一面を見せた。すでに『次のステージ』を見据えている、ということでしょう」

 常にポジティブな永島アナの、見事な「妊活ゴール」に期待したい。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「こんなこと初めて」ロッテ・佐々木朗希の実戦登板に飛び交った「観客の不満とブーイング」
2
「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」が奇跡の復活で…太川陽介のパートナーは「あの2人」目撃談
3
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
4
新たな火ダネに…ソフトバンク・山川穂高が逆転弾で見せた「どすこいポーズ」の嫌悪感
5
キャンプ地で阪神のハッピを着て歩き回り…大阪テレビ局にセ・リーグ球団から大ブーイング