政治

岸田文雄ヒドすぎる施政方針演説に自動出現する「無能」「暗殺」検索ワードの末期症状

「検討」の次は「決断」だってよ──。

 1月23日、岸田文雄総理は衆参両院で施政方針演説を行い、防衛力の抜本強化や物価高騰対策、構造的な賃上げなどを訴えた、だが、あまりにも中身のない言説に、国民はアキレ返っている。

 中でも最重要と位置づけた子供・子育て政策では「子供ファーストの経済社会を作り上げ、出生率を反転させなければなりません」としつつも、具体策に関しては「出世払い型の奨学金制度の導入にも取り組みます」と発言したのみ。野党関係者も怒りに震えながら、

「かつて『検討』という言葉を使いすぎて『遣唐使』ならぬ『検討使』なる、あだ名をつけられていましたが、今回は『決断』という言葉を6回も使ったことが、話題になっています。また、『異次元の少子化対策』というワードがあまりにもメディアにイジられたことを受けてか、今回は『次元の異なる少子化対策を進める』と、微妙に表現を変えていたところも、失笑モノでしたね」

 物価高騰で国民の生活が一気に困窮する中、岸田総理が「決断」したことといえば、安倍国葬の強硬、防衛費増税、原子力発電所の期限再延長と、国民の感情を逆なでし、不信感を増幅させることばかり。昨年5月に66%という高い支持率を演出した国民が、実はニセモノ政権だったと気付いたものだから、今や政権支持率は28.1%と最低を更新する始末。30%を切ると「危険水域」と言われるが、もはやジリ貧状態だ。ネットライターは、こんな「現象」を明かした。

「あまりにひどい施政方針演説を受けて、Twitterの検索で『岸田』と打ち込むと、関連キーワードに『岸田 無能』『岸田 暗殺』などがサジェストされるほどです。過激な言葉による誹謗中傷は許されるものではありせんが、それでも一部の国民感情を反映していると言わざるをえません」

 1月8日のNHK「日曜討論」で、衆院解散・総選挙の時期について「まず、やるべきことをやり、適切な時期に国民の皆さんの判断をいただきたい」と発言していた岸田総理。「まず、やるべきこと」は、国民生活をドン底に叩き落とさないためにも、一刻も早く退陣することではないか。残念ながら「総理の器」ではなかったのだ。

カテゴリー: 政治   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「虚言・嘘泣き野郎・溺れるナルシスト」YOSHIKIを襲うTOSHIの強烈「コキ下ろし歌詞」大騒動
2
松井秀喜が選ぶ「プロ野球ベストナイン」で「あいつはラクした」辛口評価の遊撃手
3
第5回WBC 大谷、ダルビッシュらメジャー組「一転不参加」危機
4
「授かり婚」土屋太鳳にドラマ現場から「しばらく戻ってこなくていい」の声が出る理由
5
関西ラウンジママが悲痛激白…最強寒波で最も困る職業は「夜のホステスなんです」