芸能

Kis-My-Ft2とSexy Zone主演話も難航中な「聖闘士星矢」の実写化問題

 6月21日に公開された『聖闘士星矢 LEGEND of SANCTUARY』。人気漫画の10年ぶりとなる新作アニメ映画だが、新橋駅など3駅でポスターの盗難が相次いでいるという。

「『聖闘士星矢』は『週刊少年ジャンプ』で1986年から1990年まで連載されました。連載終了後も映画やOVAが発表され、2006年からは続編漫画も連載されるなど、今も根強い人気を誇っています。今回の映画も制作発表時には期待の声があがりましたが、蓋を開けてみるとキャラクターはフル3DCGで描かれ、声優も一新。昔のファンから『こんなの星矢じゃない!』という批判が多くあります。盗難にあったポスターは原作者・車田正美氏が描いた『聖域十二宮編』が印刷されたもの。盗難事件もけっして今回の映画が人気なわけではなく、CGではないオリジナルが支持されているという裏返しですね」(映画関係者)

 とはいえ、興行収入は1週目6位、2週目8位と上々の滑り出し。水面下では実写化の話まで持ち上がっているという。映画関係者が続ける。

「実写映画は初めてですが、1991年には新人だったSMAP主演で舞台化されています。37万人を動員し、興行としては成功していますし、これがきっかけで他の漫画も舞台化されるようになるなど、悪いイメージはありません。さらに最近の漫画実写化ブームもありますからね。企画が出るのはおかしくないと思いますよ。現在、候補に挙がっているのは『Kis-My-Ft2』。年齢を考えると『Sexy Zone』も候補です」

 ところが、映画製作者たちがこれに猛反発しているという。

「現在、映画界で中核を担っているのは30代後半から40代。ちょうど小学生の頃、『星矢』に夢中になっていた世代なんです。彼らは『クリエーターとして映画にしかできないものを作ろうという気概はある。だが、星矢は実写化してはいけない作品だ』と大反対していて、なかなか企画が進まないそうですよ」

 これも『聖闘士星矢』が今もなお愛されてるという証拠なのだろう。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
中島健人&平野紫耀、「Premium Music」の“ワイプ芸”に上がった「酷評」
2
広瀬すずに橋本環奈に及ばぬ「弱点」が?若手女優のバチバチ相関図を一挙公開!
3
「ドクターX」米倉涼子の降板説で飛び交う“2代目大門未知子”仰天候補
4
“幻の”ローカル路線バス乗り継ぎの旅を再放送!太川陽介が音を上げた理由は!?
5
NHK・近江友里恵アナ「15歳差婚」発覚で“あの若手アナ”に男性人気集中!?