芸能

Kis-My-Ft2とSexy Zone主演話も難航中な「聖闘士星矢」の実写化問題

 6月21日に公開された『聖闘士星矢 LEGEND of SANCTUARY』。人気漫画の10年ぶりとなる新作アニメ映画だが、新橋駅など3駅でポスターの盗難が相次いでいるという。

「『聖闘士星矢』は『週刊少年ジャンプ』で1986年から1990年まで連載されました。連載終了後も映画やOVAが発表され、2006年からは続編漫画も連載されるなど、今も根強い人気を誇っています。今回の映画も制作発表時には期待の声があがりましたが、蓋を開けてみるとキャラクターはフル3DCGで描かれ、声優も一新。昔のファンから『こんなの星矢じゃない!』という批判が多くあります。盗難にあったポスターは原作者・車田正美氏が描いた『聖域十二宮編』が印刷されたもの。盗難事件もけっして今回の映画が人気なわけではなく、CGではないオリジナルが支持されているという裏返しですね」(映画関係者)

 とはいえ、興行収入は1週目6位、2週目8位と上々の滑り出し。水面下では実写化の話まで持ち上がっているという。映画関係者が続ける。

「実写映画は初めてですが、1991年には新人だったSMAP主演で舞台化されています。37万人を動員し、興行としては成功していますし、これがきっかけで他の漫画も舞台化されるようになるなど、悪いイメージはありません。さらに最近の漫画実写化ブームもありますからね。企画が出るのはおかしくないと思いますよ。現在、候補に挙がっているのは『Kis-My-Ft2』。年齢を考えると『Sexy Zone』も候補です」

 ところが、映画製作者たちがこれに猛反発しているという。

「現在、映画界で中核を担っているのは30代後半から40代。ちょうど小学生の頃、『星矢』に夢中になっていた世代なんです。彼らは『クリエーターとして映画にしかできないものを作ろうという気概はある。だが、星矢は実写化してはいけない作品だ』と大反対していて、なかなか企画が進まないそうですよ」

 これも『聖闘士星矢』が今もなお愛されてるという証拠なのだろう。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人・鈴木尚広、阿部慎之助よりこっ恥ずかしい「重婚報道」にドン引きの声
2
批判覚悟?田中圭が「おっさんずラブ」続編から降板しなかった理由
3
マギーがニット姿でも背中見え!?史上最強「チェリーを殺すセーター」爆誕
4
里田まい、田中将大とのツーショットに触れてヤケドした矢口真里との明と暗
5
共演者を泣かせたことも!タピオカ騒動「木下優樹菜のブチギレ癖」とは?