社会

東京ドーム9個分の土砂で盛り土…東日本大震災「陸前高田市の愚策」はなぜ実行されたのか

 大震災からおよそ2カ月。2011年5月になって、復興会議の構成員の一部が被災地を視察した。数多くの記者を従えた、大名行列のような視察だった。この時は大船渡市から始まり、陸前高田市の視察がメイン。あの「奇跡の一本松」脇の海辺で、構成員たちは思い思いの復興ビジョンを披露し、それを記者たちがぐるりと取り巻いている。

「あのね、このように海中に杭を打って高い人工岩盤を作って、その上に街を作るんです。そうすれば津波の被害も免れるし、日本中にアピールできる駅前として注目されるでしょ」

「なるほど、それはいいアイデアですね」

 若い記者がヨイショしているのを聞いて、シラケてしまった。渓流釣りが趣味の私は東北にもよく出かけていて、陸前高田でも何度も竿を出している。東北地方で、アユ釣りで有名な気仙川は、陸前高田駅の近くが河口となっている。岩手県内でも街の規模が小さい陸前高田駅近くに商店街と呼ばれるようなものはなく、田んぼの間に商店があるような、長閑なところだったのだ。

「先生、ここに何があったか知っていますか」

 人工岩盤の力説が終わると、こっそり聞いた。

「そりゃあ、駅があって住宅地が広がっていたんでしょ」

「いやいや、田んぼが広がっていたんです」

「田んぼ?」

 先生の顔色が変わった。

「先生の計画を進めたらいくらかかりますか。費用対効果を考えたら、とてもとても無理じゃないですか」

 ところが、である。復興という錦の御旗に誰も異論を挟むことができない大きなウネリに、陸前高田は飲み込まれてしまったのである。当初2メートルだった防潮堤計画は、どんどん高くなってしまう。そして、埋め立て計画に変更されてしまった。気仙川の向こう側の山を崩して、3キロもの長さのベルトコンベアで東京ドーム9個分もの土砂を10メートルの高さに盛り土して、造成したのである。その面積たるや、東京ディズニーランド2つ半という途方もない広さ。

 現在、この造成地の6割は空き地のままであり、そのことは計画時点で予想されていたことだった。陸前高田がもともと過疎に悩んでいた街で、これといった産業がないのだから、計画自体が無謀だったと、今となっては指摘されているのだ。

「オレは盛り土の計画には反対だったんだ。本当だよ」

 前出の先生は、反対したけれど、復興計画のメンバーから外れたから自分の影響は反映されていない、と弁明する。

「復興費用は国が負担するので、使わなければ損だという気持ちがあったのではないか。誰かが異論を言わなければならなかったのに、復興事業に異論を挟む勇気がなかった」(市の関係者)

 傍から見ても、陸前高田市のやっていることは異常だと指摘されていたのだが、関係者たちはその指摘に目をつむったままだった。市や県や国の誰に決定権があったのかは、明らかにされていない。役人得意の「うやむやな決着」になっているのだ。

「責任者、出てこい!」

 そう怒鳴りたくなるようなデタラメぶりであり、今後何十年、何百年も陸前高田の愚策と記憶されることであろう。

(深山渓)

カテゴリー: 社会   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
2
妻はロッテに大暴言!謝罪なしの楽天・辰巳涼介「神様は見てくれている」にファンが握りこぶし
3
MLBオールスター出場〝今永昇太〟はデコピン以下!絶妙哲学コメントをバラエティがガン無視でファン憤慨
4
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
5
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件【2024年6月BEST】