芸能

「世界ふしぎ発見!」38年目で司会交代でも番組には居残る「草野仁79歳の執念」

「世界ふしぎ発見!」(TBS系)の司会者が、この4月から交代することになった。草野仁の後任は昼のワイドショー「ゴゴスマ」(TBS系)の司会でお馴染みのフリーアナ、石井亮次。草野は「クイズマスター」という称号を与えられ、クイズの正解の解説をする予定で、番組には引き続き出演する。

 草野が38年間も司会を担った「世界ふしぎ発見!」は、クイズ中心だった構成を変えてリニューアルしたものの、視聴率が復活する兆しは現れなかった。

「本来なら番組を終了した方がすっきりと次に移行できる、という意見も局内にはありました。しかし、草野さんの功績・貢献を考慮して、玉虫色の裁定になったのです」(TBS関係者)

 NHKの看板アナウンサーだった草野は85年にフリーとなり、「ザ・ワイド」(日本テレビ系)の司会者として、14年半も出演し続けた。

「東大からNHK入局のアナウンサーですから、落ち着いた振る舞いで品があり、知識もあります。裏返せば四角四面の性格で面白くない、ということになるわけですが…。まるで銀行員みたいな性格だな、と仲間内では言っていました。常識、知識に欠ける者には非常に厳しい。短気な性格で、怒った表情が画面に出ることもありました。だから草野さんが苦手だという出演者も少なくありませんでした。ただ、言っていることは正論ですから、意見を挟めない雰囲気はありましたね」(民放局ディレクター)

 批判の声があったのは確かなようであるが、草野ファンがいることもまた事実で、

「番組の打ち上げでは、草野さんのポケットマネーでスタッフを労うことが恒例でした。ただ、雲の上の存在でしたから、フランクに喋りかける関係にはなりませんでした。ブッキングの力がまだ未熟な若手よりも、上層部と親しくするほうがいい…草野さんはそのように動いていたと、現場では認識していましたね」(放送関係者)

 とにもかくにも、79歳でまだ現場に残るという執念は、すごいとしか言いようがない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
2
太川陽介を「バスの悪魔」とコキ下ろし!「あのちゃん」まさかの「バス旅復讐戦」へ
3
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」
4
プロ野球 セパ「12球団の一平ちゃん」を暴く!(3)佐々木朗希「成績度外視メジャー入り」密約で総スカン
5
1編成に2室だけ!東海道新幹線に導入「高額個室」は「芸能人御用達」と化す