エンタメ

ドンキホーテ谷村ひとし「お盆前の新台がドドッとホールに登場」(1)

 お盆前の新台が7月末にドドッとホールに登場します。「CRルパン三世~消されたルパン」を上回ると言われた、同じ平和から登場した「CRカウボーイビバップ」は、ルパンの82%を上回る85%という確変継続率から、「CR北斗の拳5覇者」かルパン以上の爆発で、1日5万~10万発も珍しくないのでは、と期待していました。ですが、約1300個を獲得できるST170回転中の大当たりも迫力不足で、ルパンにUターンしたファンも多いようです。

 60歳還暦のボクもそうですが、原作アニメの存在すら知らないオジサンには、まだルパンのほうが、なじみのあるタイアップです。

 試しにカウボーイビバップを打ってみると、ルパンよりもギミックの動きが新鮮です。疑似連「REPLAY×2」の緑はルパン同様、ただのにぎやかしで、「×3」の赤で初めてスタートラインです。ここでトラ柄や金の出現がなければ当たりは諦めましょう。

 ド派手な「ソードフィッシュ」ギミックは、ルパンよりも派手です。ストーリー系なら最強の信頼度(90%)を誇るジュリアリーチで墓地に現れれば大当たりです。とはいえ、初打ちでこれをオスイチでハズしたので、90%もアテにならないのは、トラ柄を見なかったからのようです。

 メンバー系の弱いリーチでもトラ柄カットインがあるとアツく、VSリーチ系は途中で、まるで当たったかのようなピキョーンという音で「TANK!CHANCE」が出れば60%の激アツ。むしろこの演出とトラ柄&金が肝のようです。

 オスイチは、ST170回終了後の222回転か、444回転狙いがオススメです。1000回ハマリはルパンより目立つので、ひょっとするとルパンはパチンコファンやパチンコ業界の活気を守る救世主的甘味料が効いているのかもしれません。出玉もルパンに軍配を上げます。ルパンバブルで予想以上の台数が設置されているので、慎重に台選びをしてください。

 出玉でカウボーイビバップより目立ったのはタイヨーエレックの「CRブラックラグーン2」(大当たり確率394.8分の1)です。77%の継続率ですが、約2200個に偏った時の出玉は、4万発クラスが1~2台出現します。ただし、原作アニメを知っている方も「通常時が退屈」と言うほどで、原作を知らないボクは、1000円打つのも退屈するほどです。

 昨春の火曜サスペンス劇場以来、米米CLUBや萌えよ剣など、昔の太陽電子のバカづきハマちゃん時代を知るファンにはもの足りなかったタイヨーエレック。Sammyとのタッグで、メジャーっぽく若いスロッター向けのタイアップに成功していますが、ルパンファンを浮気させるほどではないようです。

◆プロフィール 谷村ひとし 1953年生まれ。95年、みずからの立ち回りを描いた「パチンコドンキホーテ」(週刊モーニング)で大ブレーク。過去20年間のパチンコ収支はプラス6200万円突破。累計で20万人以上を擁する携帯サイトで毎日情報を配信中。詳しくは「谷村パチンコランド」で今すぐ検索!

※この連載に記載されたメーカーごとの大当たりしやすい回転数や独自の攻略法はメーカー発表の内容ではなく、あくまで谷村ひとし氏の経験則であり、データ収集に基づいた私見です。

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声
2
テレ東・角谷暁子、ニットがキツそう!まん丸“お椀バスト”がまた進化!?
3
ゴムは常備!? 重盛さと美、32年間お泊りなしの”連れ込み型女子”宣言のワケとは
4
森川夕貴の“電撃婚”で弘中綾香の「円満独立プラン」が頓挫したワケ
5
とんねるず、「タモリのビールをよそにドンペリ」押し通した驚愕バブリー現場