芸能

性サービス嬢も登場…竹中直人「監督10作目」思わずニヤける「脚マニア」の世界

 3月17日に公開された竹中直人監督による10作目「零落」(配給:日活、ハピネットファントム・スタジオ)が、見どころ十分で楽しめる。

 人気漫画家・浅野いにおの同名漫画の映画化で、自暴自棄に陥った人気漫画家の、哀しくも美しい人生を描いたもの。世間の煩わしさから逃げるように漂流する主人公がある日、性サービス嬢と出会うことで再生への道を歩み始める…というストーリーだ。

 まず人気漫画家・深澤薫に扮した斎藤工の、役になりきった演技が素晴らしい。髪型からメガネ、話し方にいたるまで堂に入っていて、魅せられてしまう。おそらく、彼のこれまでのベスト演技だろう。

 その相手をする趣里も、ミステリアスな雰囲気を漂わせて悪くない。ショートの髪型が決まっていて、これまでになく魅力的だ。

 そしてなにより、竹中直人監督の絵づくりが秀逸。ロケーションが素晴らしく、さすが美大出身と言えるほど決まっている。その場所を、高低を生かして撮っているのが憎らしいところである。

 それから、脚マニアぶりを見せるところも面白い。原作にもそうした場面は出てくるが、それよりもずっと多く楽しめる。これから見る人のためにネタバレは避けるが、ニヤニヤしてしまうこと請け合いだ。

「脚好きな映画監督というと、フランソワ・トリュフォーやルイス・ブニュエルがすぐに挙がりますが、彼らからの影響がうかがえて微笑ましい。ただ、ブニュエルほど毒はありませんが。それと、ネオンの使い方が実に上手い。そのあたりは竹中監督の大好きな故・石井隆監督の作品を思わせるのですが、彼ほど重苦しさを感じさせないのがいい」(映画関係者)

 話は決して明るくはないが、全体にエレガンスに仕上がっており、好感が持てる。シネフィル(映画愛好家)に喜ばれそうな作品でありながら、一般の人が見ても十分に楽しめるだろう。

 それにしても、竹中監督は第1作目も漫画家・つげ義春の「無能の人」を映画化した。かなりの漫画好きであることが分かる。

(若月祐二/映画ライター)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
WBCで村上宗隆を覚醒させた岡本和真「ベンチが凍り付く暴言」の意外な効果
2
WBCお立ち台で「最高です」しか答えない岡本和真に広岡達朗とOBが怒り爆発
3
史上最強WBC日本代表をイチローが激励に来ないのは「あの絶対NGな因縁」があるから
4
芸能人の「ゴムなし行為」言い訳でわかった「飲む中絶薬」の危険度
5
クロちゃん(安田大サーカス)「カメラにフタして初夜を迎えました」