芸能

小室哲哉 妻の回復を喜ぶのも束の間、今度はツイッター炎上に悩まされる

 2009年に5億円詐欺事件で世間を騒がせた音楽プロデューサーの小室哲哉(55)。あれから5年がたち、東日本復興支援のチャリティーコンサートなどで活動するなどまずまずの再出発。詐欺事件の後には、ショックのあまり妻のKEIKO(41)がくも膜下出血で倒れるという悲劇も襲ったが、このほどKEIKOの病状も回復していると自身のツイッターで報告。ファンからは安堵の声が上がっている。

「ツイッターでは、元気なKEIKOの写真もアップされていました。(くも膜下出血)発症から2年たち再発の可能性も少なくなってきており、心配されていた麻痺も特になく、とりあえず小室も一安心といったところではないでしょうか」(レコード会社勤務)

 事件以降ダークなイメージが拭えなかった小室にとって、久々に明るいニュースといえるだろう。だがその一方で困った事が小室の周辺に起きている。

「今、小室さんのツイッターが炎上しているんです。暴言や悪口を書かれ、本人は相当参っているみたいです」(前出・レコード会社勤務)

 妻の回復をツイッターで報じた小室だが、なんと今度は様々な悪意の書き込みで困っているという。書き込みをしているアカウントのほとんどが“捨て垢”と呼ばれる偽名アカウント。小室への個人攻撃や活動に対する非難など実に多くが書き込まれているという。

「小室はこの書き込みについて『残念です』と語り、『僕自身、facebookに移行する傾向にあります』とツイッターを休止するようなコメントも発しています」(女性誌記者)

 ツイッターはフォローさえすれば誰でもその人のコメントにツイート(書き込み)ができる仕組み。その点フェイスブックは非公開に設定すれば、お互いが友達承認をした相手としかやり取りができないが、その分広告活動の幅が狭まるといっても良い。どちらを取るか、今後の展開が注目される。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
加藤綾子が“入れられる直前”ベッド姿を公開!すっぴん不安顔にファン騒然
2
胸の先見えそう!ローラがシャツはだけショットを公開も「あざとい」評のワケ
3
森七菜、新CM動画“脱ぎシーン”でついに現れた爆裂バスト輪郭が大反響!
4
大江麻理子、プリンプリン桃型ヒップと腰つきがヤバイ!“フェロモン爆発度”
5
千原ジュニア・杉本哲太は和解してない?「タクシー乗り継ぎ旅」に浮上した謎