スポーツ

村上宗隆を「豆大福」と呼び「ヌートバー母」がカリスマと化した「WBC裏観戦記」

 日本中が歓喜した3大会ぶり3回目のWBC世界一、その盛り上がりは新宿2丁目でも例外ではなかった。

「栗山英樹前監督は現役だったヤクルト選手時代に、脱衣のサービス写真を盛り込んだCDを発売しているんです。今も独身ということもあり、日本ハム監督時代から『栗山・大谷翔平の師弟愛』は、新宿2丁目のゲイバーのママにも常連客にも大絶賛されています」(新宿2丁目の飲食店関係者)

 だが今回のWBC侍ジャパンで、ゲイバーのママ達には別の『推し』がいたという。新宿2丁目の内情を知るジャーナリストが言う。

「ヌートバーと近藤健介の1.2番コンビ、そして村上宗隆です。ゲイバーのママには元体育会の人が多く、ヌートバーと近藤のクリーンナップは、ママ達の眠っていた『体育会魂』に火をつけました。祝勝会の最中、シャワーを浴びに行った近藤に、ゲイバー店内では歓声が上がりました。そしてSっ気のあるママ達が心をくすぐられたのは、不振に苦しむ村上だった。村上を『豆大福』と呼んで応援し、メキシコ戦のサヨナラ打には外国人観光客も一緒になって、路上でも盛り上がりましたね」

 加えて、この3人以上に、ゲイバーのママに愛された「31番目の日本代表」がいるという。

「ヌートバーの母、久美子さんです。新宿2丁目に集まる人たちはLGBTQで人間関係に悩んできた、あるいは、ありのままの自分を隠して生きている人が多い。そんな住人にとって、久美子さんのような『コミュニケーションモンスター』は憧れの存在。自分の肉親にゲイや女装を認めてもらえなかったママは『あー、自分のお袋が久美子だったらなー』とボヤきながら、大谷に抱きつく久美子さんを、眩しそうに店内テレビで見ていました」(前出・ジャーナリスト)

 各地でWBC優勝セールの真っ最中だが、ヌートバー親子が新宿2丁目を訪れたら一生、タダ飲みできそうだ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
2
太川陽介を「バスの悪魔」とコキ下ろし!「あのちゃん」まさかの「バス旅復讐戦」へ
3
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」
4
1編成に2室だけ!東海道新幹線に導入「高額個室」は「芸能人御用達」と化す
5
海外移住のフワちゃん「遊んでいても年商1億円超」新ビジネス開始の「驚異の商才」