芸能

ASKA 次々バレる異常性癖

20140731aska

 覚せい剤取締法違反などで起訴され保釈中のASKA被告(56)に、3P疑惑が浮上している。

 警視庁の取り調べに、20年以上も前から薬物を使用していたことを供述。

「ファンの衝撃は大きい。薬物を使い始めたと思われる90年代には、『SAY YES』や『YAHYAHYAH』といった大ヒットを放っていますからね。名曲の数々が薬物頼りで作られていたのかと……」(芸能関係者)

 同時に逮捕された愛人の栩内香澄美被告は、容疑を全面否認。尿検査について「ASKA被告の体液が尿に混入した可能性がある」と、大胆な主張を打ち出している。そんな中、ASKA被告に栩内被告と別の愛人がいたことがわかった。

「その女性はASKAに勧められ覚せい剤を使ったと供述しており、書類送検される見込みです。栩内被告と同時期にASKA被告と交際していたわけですから、ドラッグを使った3Pも十分考えられますよ」(スポーツ紙記者)

 愛欲と薬物にまみれたASKA被告の生活ぶりが、法廷で次々と明らかになって行く。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
石原さとみ、「前かがみバスト見せ動画」が“1日で100万再生”の大反響!
2
フジ井上清華、”Dバスト突き出しサービス”に視聴者が歓喜した!名誉挽回の光明
3
唐橋ユミ、「大きくない」発言を覆すクッキリ衣装で“Dバスト”の根拠映像
4
「ハコヅメ」戸田&永野に負けない魅力!西野七瀬の下半身に視聴者熱狂のワケ
5
「全裸監督2」情交シーン大全(2)元AKB女優が「3Pピストン」でバスト大揺れ