芸能

のりピー完全復帰を妨げたASKAのシャブ逮捕

20140731sakai_3

 逮捕から5年、最近は徐々に芸能活動を活発化させつつある酒井法子(43)だが、復帰の道は想定以上のいばらの道となっている。

「過去、薬物事件を起こして復帰した芸能人は何人もいますが、酒井は時間がかかり過ぎている。苦戦の理由には、事件の衝撃度もありますが、何かと言えばコンプライアンスが優先されるようになった社会の変化も大きい」(週刊誌記者)

 確かにこれが70年代や80年代であれば、是非はともかく、もっと早くほとぼりが冷めたものだが……。

「3月に出演したイベントでは、MCの合間に女性客が『まだシャブやってんでしょ!』『あぶり最高!』などと暴言で挑発した一幕もありました。酒井は無視していましたが、心中穏やかではなかったはず」(前出・週刊誌記者)

 そして、ここに来てさらに復帰を困難にさせたのが、ASKA被告の覚せい剤事件だという。

「少しずつ薄れつつあった酒井の事件の記憶が、ASKAのせいで連鎖的に、まざまざと思い起こされてしまったんです。こういう状況下では、どこも酒井を使いにくい」(芸能関係者) 

「あなたが泣くことはない」というASKA被告の曲があるが、すでに罪を償い、新たな一歩を踏み出そうとしている酒井にとって、過酷なまでに不運が重なっているようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広瀬すず、「紅白司会落選」の背景に昨年末の「あの大失敗シーン」!?
2
すごいボリューム!有村架純、まさかの「バストサイズアップ姿」公開に騒然
3
広瀬すず×綾瀬はるか「視聴率バトル」の天国と地獄(1)低視聴率に綾瀬が一肌脱いだ
4
巨人・鈴木尚広、阿部慎之助よりこっ恥ずかしい「重婚報道」にドン引きの声
5
石田ゆり子が「服を着ていない丸出し写真」公開、あんなところまで見えてる!