政治

「爆死恐怖」「戦車がない」プーチンが戦勝記念日「軍事パレード」を中止した超なさけない事情

 5月9日の対ドイツ戦勝記念日に、首都モスクワをはじめロシア全土で開催されてきた「不滅の連隊」や「軍事パレード」が、今年はほぼ全面的に中止される見通しとなった。「安全上の理由」とされているが、背後にはウクライナに追い詰められたプーチン大統領の、のっぴきならない事情が横たわっていた。

 不滅の連隊は、市民らが戦死した兵士らの遺影を掲げて行進する恒例行事。中でもモスクワにある赤の広場で挙行される不滅の連隊は、プーチンも参加する国家的行事に位置づけられてきた。ウクライナとロシアの軍事情勢に詳しい国際軍事アナリストは、

「ウクライナ軍がロシア中部への爆撃に使用し始めたドローンは、旧ソ連製のTU141無人偵察機に独自の改良を加えたもので、モスクワへの爆撃も可能な、1000キロの航続距離能力を有している。プーチンが赤の広場での不滅の連隊の開催を中止したのは、行進中に攻撃を受けて爆死するのを恐れたから、というのが軍事専門家の一致した見方です」

 加えてプーチンは、アメリカの諜報機関などが、プーチン暗殺のために秘かに送り込んだスナイパーの影に神経を尖らせており、爆死と暗殺に怯える自身の姿を糊塗するためにも、ロシア全土での不滅の連隊の開催を中止せざるをえなかったというのだ。

 同様に、ロシア全土で開催される軍事パレードも、ドローン攻撃の格好の標的になりうる。中でもウクライナと国境を接するクルスク州やベルゴロド州、ブリャンスク州といった地域、さらにはロシアが一方的に併合したウクライナ南部のヘルソンやクリミア地域では、早々と開催の中止が決定、公表される事態に立ち至っている。

 だが、軍事パレードの中止には、別の理由も指摘されている。

「ズバリ、戦車をはじめとする兵器を軍事パレードに回す余裕がないほど、戦況が悪化しているからです。事実、昨年のモスクワでの戦勝パレードでは、悪天候を口実に、目玉の航空ショーが中止されている。今年は赤の広場での軍事パレードだけは開催されるようですが、ロシア軍は『貧すれば鈍する』の瀬戸際状態に陥っています」(前出・国際軍事アナリスト)

 窮鼠プーチンは今、ついに「袋の鼠」にまで追い込まれてしまったようだ。

カテゴリー: 政治   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
3
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」
4
完熟フレッシュ・池田レイラが日大芸術学部を1年で退学したのは…
5
フジテレビ井上清華「早朝地震報道で恥ずかしい連呼」をナゼ誰も注意しない?