政治

W選挙 橋下徹「敵と見方」相関図 (1) 「反橋下派」が先に仕掛ける

 ついに、「大阪秋の陣」の火蓋が切って落とされた。〝ナニワの独裁者〟は常に敵を作り続ける。ついには政界だけでなく財界、芸能界を巻き込んで、大阪は〝真っ二つ〟に分断された──。そんな複雑怪奇な人間関係を本誌が〝まるハダカ〟にする!

 いよいよ橋下徹氏と平松邦夫氏とのバトルが、選挙戦という形で本格化した。
 かたや、元タレント弁護士、一方は毎日放送の元アナウンサー。両人ともに芸能界とは浅からぬ関係にあるだけに、芸能人たちがどちら側につくのかは注目だ。
 さらに、政治評論家の本澤二郎氏がこう話す。
「大阪は全国でも投票率が低い地域です。しかし、亡くなった横山ノックが府知事選で100万票以上、獲得したことからもわかるとおり、芸能人の応援が浮動票の行方を大きく左右する地域でもあるのです」
 その定説どおりに、「反橋下派」が先に仕掛けた。
 11月8日、平松氏の決起集会に俳優の杉良太郎が現れ、こう言い放ったのだ。「人気のために心地よい言葉を吐いて、扇動するようなことはダメ」
 一時は、市長選出馬すら考えたという杉である。〝ナニワの独裁者〟と称される橋下氏に先制パンチを食らわした格好だ。
 また、この決起集会には府知事選に立候補した倉田薫氏も駆けつけ、「W勝利」を祈念した。
 その倉田氏の背後にも上方演芸界の重鎮が控えている。人間国宝の桂米朝だ。
 平松氏陣営によれば、米朝の長男に当たる桂米團治が倉田氏の出馬を説得したというのだ。その際、こんなセリフを使った。
「オヤジを車椅子に乗せてでも、文化を守る倉田さんを応援に行きます」
 この「文化を守る」という言葉の背景には、09年の「ワッハ上方」(大阪府立上方演芸資料館)の移転騒動がある。当時、橋下氏は大阪府の財政再建策の一つとして、「ワッハ上方」を賃料の安い通天閣への移転を計画。これに対して、「ワッハ上方」の大家である吉本興業や芸人が反発したのだ。
「橋下氏は上方文化の破壊者だ」
 と、芸人サイドがチクリとやると、こう反論したものだ。
「吉本興業はがめつい」
 在阪の芸能記者が言う。「結果的に移転はしなかったが、その時のわだかまりが演芸界には残っておるんですわ。また、倉田氏が市長を務めていた池田市には『落語みゅーじあむ』という上方落語の資料館があって、上方落語協会会長の桂三枝が住んでおる。演芸界の多数が『反橋下派』に回ってる状況ですわ」

カテゴリー: 政治   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
貴島明日香“ドテ高”Yエリアが露わになった強風「突発事態」にファン騒然!
2
干される可能性も?“隠れ爆裂バスト”森七菜が「風呂シーン」を拒否する理由
3
木村沙織“9等身ボディ”披露で気になった現役時代のはちきれバストの行方
4
渡部建、豊洲市場でマジメに働くも「ある問題」で同僚が大迷惑!?
5
重大発表も物議!フワちゃんより“天狗になっている意外な人物”とは!?