政治

橋下徹、大阪万博決定で“国政進出の道を選ぶことになる”ワケとは?

 2025年の万国博覧会開催が大阪に正式決定したことで、ついにあの人が動くのか。決定後、パリで行われた祝賀レセプションでは、旗振り役を務めた日本維新の会・大阪維新の会代表の松井一郎大阪府知事と、吉村洋文大阪市長のテンションの高さが伝わってきたが、「決まるまではヒヤヒヤだった」とは、大阪維新の会関係者。こう話す。

「維新にとって万博誘致は、カジノ誘致、大阪都構想と並ぶ大きな柱。もし万博誘致がコケれば、先々の知事と市長選挙に影響が出るのは必至で、維新の組織自体の存亡にもかかわるところだった。それだけに、幹部連中はみな、一応に安堵の表情を見せていますよ」

 こうなると注目されるのは、来年夏に行われる参院選の行方だ。

「維新としては、官邸とのパイプになれる実力者を送り込みたいところ。その筆頭が他ならぬ松井さんですよ。松井さんの最終目標は国政とされ、万博誘致に成功した暁には知事を辞任して参院選に出馬し、知事の後継には吉村さんを据え、さらに吉村さんの後釜にはフレッシュな候補者を持ってくる。そこで前倒しとなる知事と市長のダブル選挙で大阪都構想の是非も問う──。そうした青写真が、維新内部にはあるようです」(府政記者)

 しかしここへ来て、その“計画”が徐々に変わり始めているという。

「どうやら、いざ万博誘致の成功にこぎつけたところで、松井さんが“万博知事”をやりたがるようになってきている様子なんです。つまり、あと二期やるつもりになっているというんですよ」(自民党所属の市会議員)

 そうなると、松井知事に代わる参院選の“強力な候補者”は誰になるのか。そこで今、囁かれているのが、橋下徹前大阪市長の名前なのだという。

「橋下さんについては常に“いずれは国政進出”との声がありますからね。そもそも万博誘致は橋下さんが大阪府知事時代に言い出したビジョンだけに、日本維新の会から国政進出を果たせば、維新にとっては万博と都構想を前進させるにあたり、これ以上ない後ろ盾となる」(大阪維新の会関係者)

 その橋下氏は11月7日夜、東京都内で自由党の小沢一郎代表、国民民主党の前原誠司氏と会食し、様々な憶測を呼んでいる。橋下氏が今度は国政で旋風を巻き起こす日が来るのか。

(坂本市郎)

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
4
ベタ惚れ「錦鯉・渡辺隆+大島由香里」まさかのカップル誕生に涙する「あの女芸人」
5
中日ドラゴンズを低迷させた「タニマチと夜の活動」「儲かるゴルフコンペ」選手をダメにする文化