政治

今度は「元フリー素材アイドル」が…また埼玉で勃発「選挙当選者がその自治体に住んでいなかった」問題

 4月9日の埼玉県県議選の南1区(草加市)で当選した維新の会公認の中村美香氏に対し、住所要件を満たしていないとする当選無効を求める異議申し立てを、埼玉県選挙管理委員会が受理した。

 県選委員会によれば、4月24日に申し立てられた異議は、ひとつの市町村に3カ月以上住まなければならない公選法に違反しているとしている。

 中村氏は双子の姉妹の姉で、姉妹で「フリー素材アイドル」として活動してきた元アイドル。今回の統一地方選挙では、妹も維新の会公認候補として、県議選のさいたま市地区から立候補したが、こちらは落選している。

 今回の異議申し立ては、21年1月の戸田市議選で当選したスーパークレイジー君の場合と似ている。こちらの場合も、当選後に市の選挙管理委員会に異議が申し立てられた。

 スーパークレイジー君は市議選の3カ月以上前の20年10月に住民票を戸田市に移しており、アパートで暮らしていたと主張。しかし、市の選管は居住実態を調査。その結果、アパートは他人名義であり、近隣住民がスーパークレイジー君を目撃していないこと、アパートの電気・ガス・水道代を支払っていた証拠もないと結論づけた。また、彼の妻子は都内に住んでおり、居住はそちらだったなどとして、当選無効としたのである。

 これを不服としたスーパークレイジー君は提訴して高裁・最高裁まで争ったものの、具体的な居住の実態を証明できなかったことで、敗訴している。その後、スーパークレイジー君は複数の選挙に立候補。今年1月に、故郷の宮崎市議選で当選し、市議になっている。政治部デスクが言う。

「中村氏の場合も、県の選管が詳細に調査をすると思われます。ポイントは、居住実態をどのように判断するかでしょう」

 県選管は申し出人らから提出される証拠により、公選法に沿って、5月24日までに申し立てに関する決定を行う。居住実態についてこうした問題が連発されるのを避けるため、誰もが納得する法律を新たに作る必要があるのではないか。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
DeNA大型新人・渡会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
2
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること
3
桑田真澄に「偉業を全て盗まれた」同級生の元バッテリー捕手が明かす「ほとんど完全試合」時代
4
「3Aで最多安打記録」巨人に新加入の外国人ヘルナンデスに「超不吉なデータ」
5
ラモス瑠偉「W杯惨敗サッカー日本代表コキ下ろし」に抗議電話15万5000件/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」