スポーツ

WBCで村上宗隆を覚醒させた岡本和真「ベンチが凍り付く暴言」の意外な効果【アサ芸プラス2023前半BEST】

 準決勝でサヨナラ打を放った際には、興奮したテレビの解説者から「ここで打てばいいんです。今まで打てていなくても」と言われた村上宗隆。それほどまでにWBC前半の村上は絶不調だった。徐々に本来の調子を取り戻した感もあるが、実は先輩スラッガーからの激烈とも言える叱咤に発奮したようなのだ。(3月20日配信)

 ワールド・ベースボール・クラシックで、3月21日にメキシコ代表との準決勝を迎える侍ジャパン。打棒復活に期待がかかるのは、ヤクルトの4番打者、村上宗隆である。

 2月のヤクルトキャンプでは快音連発で、浦添球場の電光掲示板の一部を破壊するなど「村神様」としての威厳を保ったが、侍ジャパン入りしてからはなかなか結果が出ず。少しずつ下を向いて歩く時間が増えるなど、深刻な悩みを抱えていた。

「調子がいい悪い以前の問題で、バットが振れていない。攻守共にリズムを作り出せないまま4番を打たされており、不振を極めていた」(球界OB)

 ところが3月16日の準々決勝イタリア戦では5番に打順を下げたが、センターオーバーの二塁打を放つなど、ようやく長打が戻ってきた。実は先輩スラッガーの「暴言」が、効果てきめんだったというのだ。

「3歳上の岡本和真のおかげですよ。岡本はかねてから村上に『師匠』と呼ばれ、イジられていました。それを逆手にとり、宮崎キャンプ中は村上について『最初に会った時からの師匠です』と話すなど、逆にイジりまくっていた。1次リーグ中には村上に『打てないんやから、ベンチ裏に呼び出すぞ』という発言で、ベンチは凍り付いた。でも結果的に村上は奮起したわけですから、岡本サマサマですよ」

 先日のお立ち台では「最高です」を6回繰り返して巨人OBの怒りを買ったが、しっかり役割を果たしている。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
元楽天・安楽智大が来季「日本球界に逆輸入される」メキシカンリーグでの「標高2200メートル投球」
2
職場に絶対いてほしくない!藤本美貴のモー娘。時代の「エゴまる出し」発言がリーマンから総スカン
3
松本人志の居ぬ間に中山秀征…芸人たちが「実はスゴイ人」異常な絶賛の「あぁ不思議」
4
「チッ、うっせ~な!」スノーボード國母和宏のふんぞり返り暴言三昧/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
5
ついに「エース交代」を明言!阪神のローテ再編が意味する岡田監督の重大な意図とは