芸能

「丸亀カエルうどん」騒動で消えた「可愛すぎる第二の新垣結衣」CMは復活するのか

 膝上丈の赤いミニワンピを着た女の子が先頭に立ち、その他大勢のモブ達と一緒になって何かが入ったプラカップを激しく上下に振りながら踊る。そのバックには、昭和世代にとっては懐かしの、米米CLUB「Shake Hip!」のメロディに乗せた「シェイクカップ!シェイクカップ!」という歌が流れる。

 夏に向けての何か新しいドリンクの宣伝かと思ったのだが、よくよく手元で振られているカップを見ると、その中身はうどん。実はこれ、丸亀製麺の新商品「丸亀シェイクうどん」のCMだった。

 初めてこのCMを見た時、そのミニワンピの子に目を奪われたのだが、すぐに「あ、吟子(ぎんこ)ちゃんやん!」と気が付いた。昨年、フジテレビ系列で放送されたドラマ「ナンバMG5」で、主人公・難破剛の妹の難破吟子を演じていた原菜乃華だったのだ。

 家族全員がヤンキーという難波家の次男である難破剛が、両親と兄から「全国制覇」を期待されていながらも、喧嘩ばかりの毎日に嫌気がさし、普通の青春に憧れる。家族に内緒で特攻服を学生服に着替えると、「シャバい」高校生として学生生活を送る。

 しかし毎回、不良がらみの事件に巻き込まれてしまい、スーパーマンよろしく特攻服に着替えると、無敵の強さで喧嘩を制するのだが…。

 という、最強ヤンキーとシャバ僧の二重生活を描いたコメディードラマ「ナンバMG5」。しかし、喧嘩はあくまで味付けで、本筋は友情と家族愛であり、毎回、泣かされながら見ていた。そのドラマの中で、個人的にヒロイン役だった森川葵以上に目を引いたのが菜乃華ちゃんだったので、今回のCM起用は非常に喜ばしかった。

 大勢のモブの真ん中で、可愛い女の子が元気に踊るという演出に、新垣結衣のポッキーCMを思い出した。みんなあの時から「ガッキー大好きでしょ。今回のCM出演を機に、原菜乃華も大ブレイクするのでは」と期待していたのだった。

 ところが、だ。先日、この「丸亀シェイクうどん」を購入したユーザーが「商品にカエルが混入していた」とSNSに投稿したことにより、一部の商品が一時、販売休止に。現在調査中ということもあってか、このCMをパッタリと見かけなくなってしまった。ちょうど私がテレビを見ている時だけ流れていないのか。

 とにかく元気に踊り、最後におちょぼ口でうどんを「ちゅるん」とすすって恍惚の表情を浮かべる菜乃華ちゃんの可愛い姿がもう見られない、なんてことがないことを祈るばかりだ。カエルめ!

(堀江南)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
完熟フレッシュ・池田レイラが日大芸術学部を1年で退学したのは…
3
またまたファンが「引き渡し拒否」大谷翔平の日本人最多本塁打「記念球」の取り扱い方法
4
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」
5
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言