芸能

最上もが「子連れで電車はイヤだった」体験が共感を呼んだ「子育てタクシー」という選択肢

 小さな子供を持つ母親が頭を悩ませる問題のひとつが、子連れの電車利用だ。そこに元アイドルでタレントの最上もがが切り込み、賛否両論が巻き起こっている。

 最上は6月6日のブログ投稿で、娘を連れておでかけしたと綴った。いつもは自家用車で移動するのだが、道が怖かったので電車を利用したのだという。しかし「本当に子連れ電車 肩身狭いしめちゃくちゃ周りに気を遣うから…あんま乗りたくないね…優しい人ばかりではないしね」と不満を漏らしているのだ。

 子育て誌で活動し、自身も2人の子を持つライターは、

「この問題は、ママさんなら誰もが一度は経験したことがあります。時間帯によっては車内が混んでいることもあり、ベビーカーを畳むかどうか、大きな荷物をどうしたらいいのか、子供が泣き止まなかったら…など、心配は尽きません。特にベビーカーについては、社会問題にもなりました」

 コメント欄にはママさんから、

「子連れ電車まじ気を使うよね。ベビーカーは申し訳ないので抱っこひもなんだけど、子どもが大きくなってしんどい」

「子連れの人が電車に乗りたくない世の中いやだね」

「電車問題、いつまで経っても改善されないね」

 と同情の声が寄せられた。しかし、

「世間的には批判的意見もあります。電車ではなくタクシーを利用すべき、という声です。タクシーならママさんと電車利用者がお互いにイヤな思いをすることもありません。タクシー利用しやすいように、一般社団法人の全国子育てタクシー協会は『子育てタクシー』を運行しています」(前出・子育て誌ライター)

 最上の声は世間に届くか。子供のためにも社会が変わってほしいものだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
2
妻はロッテに大暴言!謝罪なしの楽天・辰巳涼介「神様は見てくれている」にファンが握りこぶし
3
MLBオールスター出場〝今永昇太〟はデコピン以下!絶妙哲学コメントをバラエティがガン無視でファン憤慨
4
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
5
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件【2024年6月BEST】