政治

金正恩が弾道ミサイルを打つので100兆円を注ぎ込んで「日本を地下都市化」するという岸田文雄の「黒い談合利権」

 北朝鮮が弾道ミサイルを発射するたびに、全国瞬時警報システム(Jアラート)が鳴り、政府は国民に避難を呼びかける。政府は2023年度、過去最多となる67回の国民保護訓練を行うのだが、この訓練の裏では「大きな防衛利権が動いている」との話が出ている。

「保護訓練を積み重ねるたびに、本当にミサイルが落下したら防ぎようがない現状への理解が広がる。そして地下シェルターの建設を求める国民世論が起きるのを、待っている人たちがいる」 と野党関係者は話す。「国民世論を待っている人たち」とは、岸田文雄総理を取り巻くゼネコン業界なのだという。

 政府は2023年度からの5年間で、総額約43兆円の財源を確保して防衛体制を強化するが、これとは別に、主要都市に地下シェルターを作るとなれば、

「100兆円は超えるのではないか」(前出・野党関係者)

 との推測がなされている。そしてそのうち20%が、ゼネコンの懐に入るかもしれないのだ。

 政府は2023年度から毎年4兆円を投じ、北朝鮮などのミサイル攻撃を想定して司令部を地下に設置するなど、全国283の自衛隊基地の強靭化を図る事業を行う。

 6月11日付の「しんぶん赤旗」日曜版によると、防衛省は昨年9月に予算が成立する前にもかかわらず、一部ゼネコンを対象に、同事業の意見交換会を実施。受注可能な件数や金額、希望する発注方式を、アンケート方式で調査していた。つまり、事前に「談合」したかのように、ゼネコン各社に受注額を「割り振った」上で、予算を決めていたのだ。

 そして同時期に、岸田総理とゼネコン各社で作る「信雄会」の会合が都内のホテルで行われ、これに岸田総理も参加、親密に意見交換したという。

 北朝鮮のミサイルの恐怖を煽って、巨額の防衛予算を決めた裏で、儲ける人はしっかり儲けるのだ。

「基地の地下化に目途が立てば、今度は行政機能の地下化にとりかかる。実績を作ったゼネコンは、有利に商売を進められますよね」

 防衛ジャーナリストは、そう指摘するのだ。国民はこれを知って、どう感じるのか。

(健田ミナミ)

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
前代未聞の「妨害工作」2連発!それでも「バスVS鉄道対決旅」に勝てない太川陽介のだらしなさ
3
元近鉄「317勝投手」の鈴木啓示が心底うらやましかった「セ・リーグの投手2人」の名前【2024年3月BEST】
4
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか
5
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来