政治

「身内」が罵り倒す!岸田総理が大ショックを受けた「LGBT法案」の「これは何事か」「筋違いも甚だしい」最低評価

 岸田文雄総理は6月13日の記者会見で、今国会中の衆院解散・総選挙の可能性について「諸般の情勢を総合して判断する」と述べ、含みを残した。これまで「今、解散は考えていない」としてきただけに、永田町では解散に打って出るとの見方が一気に広がった。ところが、足元の自民党では「とても解散をするような状況ではない」との悲鳴が聞こえてくるのである。いったいなぜなのか。

 理由は岸田総理の指示により、自民党が性的少数者らLGBTへの理解を増進する法案の成立を目指していることにある。当事者である支援団体「LGBT法連合会」は、6月13日に法案が与党や日本維新の会などの賛成多数により、衆院本会議で可決されたことを受けて、

「私たちの求めてきた法案とは真逆の内容。強く非難する」

 と猛反発。同じような世論が広がっている。作家の百田尚樹氏などは、LGBT法案が成立すれば、自民党に対抗して「保守新党を設立する」とまで宣言した。

 そればかりではない。メディアの中で「岸田総理の最大の理解者」とみられていた読売新聞が6月13日の社説で〈LGBT法案 首相と自民党の見識が問われる〉と、対応を批判したのだ。

「これは岸田さんにとっては、大きなショックとなった」(自民党閣僚経験者)

 読売新聞社説は、自民・公明両党案にあった「性同一性」を、日本維新の会と国民民主党の案「ジェンダーアイデンティティ」に改めたことについて、〈意味は同じだというが、あまりにもわかりにくい。理解しにくい言葉を使いながら、「理解増進」とは何事か〉とコキ下ろした。

 さらには「男性」にもかかわらず「女性だ」と称して、女子トイレや女子風呂を利用するケースがあることを挙げて、〈新法を盾に、現行の禁止規定を「不当な差別だ」と主張する口実に使われかねない〉と、もっともな懸念も示した。

 そして最後に再度、コキ下ろしのトドメを刺したのである。

〈会期内成立に舵を切ったのは、岸田首相だという。法制化を強く求めてきた公明党への配慮からだとされている。衆院選の候補者調整を巡って、ぎくしゃくした公明党との関係を修復する狙いがあるのだとすれば、筋違いも甚だしい。首相は、自らの見識が問われていることを自覚してもらいたい〉

 読売新聞を率いる渡辺恒雄読売新聞グループ本社代表取締役主筆は、岸田総理の父・文武氏と旧制東京高校時代の同級生であり、総理は渡辺氏の開成高校の後輩にあたる。そのため、岸田官邸で読売新聞は他の新聞とは「別格」とみられている。それが反旗を翻したとなると…。

 解散するのなら、岸田総理は「身内」である読売新聞の疑問に、正面から答えるべきだろう。

カテゴリー: 政治   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
人前ではとても口にできない…鉄道ファンに「残念な愛称」で呼ばれる路線3選
3
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
4
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題
5
投資額が10分の1になる「愚の骨頂」…専門家が重大警告「国が後押しする新NISAは地雷だらけ」