社会

【恐怖リサーチ】「世界で最も鳥肌の立つ場所」選定…韓国に現存する「元拷問&処刑場」の呪いと失踪事件

 韓国のオンラインコミュニティーにアップされた「女性の幽霊」を思わせる動画を巡り、韓国のネットユーザーが騒然となった。6月12日のことだ。

 動画は仁川市と江原道江陵を結ぶ「嶺東高速道路」を走行中、防音トンネル上に立つ人影を捉えたドライブレコーダー映像。その人影が安全帽やベストなどを着用していないことから、作業員とは考えづらく、さっそくSNS上では「恐ろしい!鳥肌が立つ」「女の幽霊だ」「いや、宇宙から降りてきたエイリアンだ」との声が続出。その後、人影の正体が近くに住む女子中学生と判明して騒動は収まったが、これを機に、韓国内では心霊スポット巡りがブームの兆しを見せている。

「韓国映画を見ればわかる通り、韓国人は幽霊や怪奇現象といった類の話が大好き。肝試しで心霊スポットを巡る若者は、少なくありません。最近では、心霊スポットの様子をレポートするYouTube番組の人気が高い。もうじき夏休みがやってくることもあって、今回の騒動でブームに勢いがつくのは間違いありません」(韓国在住ジャーナリスト)

 韓国には数多くの心霊スポットが存在するが、中でも2012年にCNNの「世界で最も鳥肌の立つ7カ所」のひとつに選ばれた、京畿道にある「コンジアム(昆池岩)精神病院」は、極め付きといっていいほど恐ろしい場所として知られる。韓国在住ジャーナリストが続ける。

「この病院は戦時中に旧日本軍により、拷問や処刑をする目的で建てられたものです。戦後、精神病院として開院したものの、多くの患者が謎の死を遂げ、院長も突如として失踪した。その後も不可解な出来事が多発したことで廃院となったという、超いわくつきの病院です。閉鎖後、出入り口が鉄の門で閉ざされ、有刺鉄線が張り巡らされてはいますが、度胸試しで中に入る若者があとを絶ちません。夏休みを前に放火などのトラブルが発生しないか、周辺住民は頭を痛めています」

 ちなみに2019年には、病院内で撮影された映画「コンジアム」が公開されたが、出演した役者がその後、突然の活動停止を宣言。呪いのせいではないか、との憶測を呼んだのだが…。

(ジョン・ドゥ)

カテゴリー: 社会   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
3
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」
4
完熟フレッシュ・池田レイラが日大芸術学部を1年で退学したのは…
5
フジテレビ井上清華「早朝地震報道で恥ずかしい連呼」をナゼ誰も注意しない?