社会

橋下徹 維新&結い「党名決定会議」で足並み揃わず

20141002r

「政界の第3極」となるべく合体した「日本維新の会」と「結いの党」。新名称は「維新の党」に決まったが、早くも足並みの乱れが次々明らかに。“禍根”を残しての船出は波乱含みなのだ。

 地域主権を唱える橋下徹代表(45)率いる「日本維新の会」と野党再編を宿願とする江田憲司代表(58)のもとに集結した「結いの党」。まさに相思相愛かと思いきや、両者の思惑が渦巻く政略結婚そのものだったのだ。政治部記者がドタバタ模様を振り返る。

「両党ともに、反対勢力を切り捨てて臨んだ合併だけに、いきなりここまで紛糾するなんて思いもしなかった。新党名を決める両党合同の両院議員懇談会は10日、当初の予定から3時間以上も遅れて始まり、最後は多数決という不信感を募らせる結果となった」

 この日の13時02分、議員秘書が退室させられる中、両者間の協議が決裂し、維新の議員のみの会議が挙行された。

「最初に維新が提示していた『日本維新の党』と『維新の会』の2案は取り下げて、新たに『維新の党』と『維新党』、さらに土壇場になってごねる江田対策として、結い側からの『改革維新の会』を入れて3案を再提示し、最後は多数決による採択でいくことが確認されたようです」(さる議員秘書)

 全国紙政治部デスクもあきれ顔で解説する。

「そもそも7日に都内のホテルで行われた新党設立準備会の席では、両党で『維新を含む新党名』で合意していたんですよ。ところが9日の幹部間の事前調整の席で維新側の提示の2案に対して、結いは『代わり映えしない』と突き返し、江田代表が刷新された新鮮なイメージを要求し始めた。この変貌に、いつも温厚な松野頼久国会議員団代表さえも、『今になって何を言いだすんだ!』と怒りをあらわにし、合流破談の空気まで流れたんです」

 維新の幹部が「(議員)数ではこっちが勝ってるんだぞ。この案でいくか、合併をやめるか」と迫れば、結いの幹部も負けじと「全て崩れていいのか」と応酬する始末だったという。前出・記者が続ける。

「その夜には橋下代表まで、『もうつきあいきれない! あ党でも、い党でも、う党でも何でもいい!』と、語気を荒らげるほどでした。何とか松井一郎幹事長が江田代表と調整を重ね、10日を迎えたものでした」

 ここまで「ルールに沿って準備してきた」(維新幹部)ものの、最終的には15時06分から双方合わせて52人による投票の準備が始まり、15時21分に新党名が「維新の党」(41票)に決まった。前出・全国紙政治部デスクが紛糾の裏側をこう話す。

「今回の合流は誰の目にも維新の『吸収合併』です。国会議員数は衆参14人と小所帯の結いに比べ、維新は衆参38人。結いがほぼ比例代表に対し、維新は大阪ばかりとはいえ12人が小選挙区で勝ち上がっている。それでも、結いとしては『対等合併』なんだと強くアピールしたかった」

 政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏が話す。

「バラバラ野党の再編の第一歩として期待を寄せるものの、この先も簡単にはいかないでしょう。お互いの政策も焦点になるが、それよりも両代表の個性の強さが心配です」

 橋下代表は石原慎太郎衆議院議員ら旧太陽の党との合併破綻の“前科”の持ち主。同じ轍を踏まねばいいが‥‥。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉澤ひとみ逮捕の「タチの悪さ」で業界関係者が元モー娘。“苦い記憶”を暴露!
2
人気女優「セレブ」と金欠くらべてみました(1)石原さとみは“リアル高嶺の花”
3
嵐・松本潤とあの艶系女優が復縁!?インスタに投稿された“意味深”写真とは?
4
吉澤ひとみ、「飲酒ひき逃げで実刑」後に待っている“地獄”の全容とは?
5
「過保護のカホコ」高畑充希、番宣であの大御所に触られまくり視聴者ドン引き