芸能

上戸彩「昼顔」ヒットの裏にあった夫と親友の支え

20141002ueto

 女優の上戸彩(29)が主演したドラマ「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」(フジテレビ系)の最終回(15分拡大)が25日放送され、平均視聴率16.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)という高い数字をたたき出した。

 これで全11回の平均は13.9%となり、最終回の瞬間最高視聴率は午後11時2分および同3分の20.3%。不倫相手と別れさせられ、夫とも離婚して新しい一歩を踏み出したヒロイン、上戸の姿が描かれたシーンだった。7月期の連続ドラマとしては、平均21.3%を記録した「HERO」(フジ系)に次いで2位となった。最高視聴率は前週の18日に記録した16.7%。堂々たる数字である。

 ベテラン芸能ライターが言う。

「かつて上戸は視聴率の取れない女優と呼ばれていた。数字が悪いにもかかわらず、ギャラの安さと事務所のゴリ押しで仕事は途切れなかったが、数字は一向に上がらなかった。中居正広と5年前に共演したドラマ『婚カツ!』(フジ系)のヒロインを演じた時は、月9初の1ケタ視聴率を記録してしまったほどでした。 それが、EXILEのHIROと結婚してからというもの、絶好調。高視聴率ドラマ『半沢直樹』(TBS系)で見せた若奥様役も人気が高かった。今回の不倫人妻役も不倫に対して嫌悪感を持つ上戸は気乗りせず。『罰当たれ』と念じながら演じていたくらいだそうです。そんな上戸の尻を叩き、何度もダメ出しする熱血演技指導をしたのが、年上夫のHIRO。上戸は、みごとに心の中の葛藤を演技ににじみ出させることに成功した」

 そんな上戸の快進撃に本人以上に大興奮し、誰よりも熱いエールを送っていたのが、親友のベッキーだ。16.7%を記録した翌日、自身のツイッターで大喜びしている。〈すごいなぁ。昼顔。16.7〉とツイート。さらに、

〈『半沢直樹』というような高視聴率作品にも出演して、『昼顔』というような話題作でしっかりとみんなをひっぱり、ずっと可愛くて、ずっと旬で、ずっと素敵で…こんな方、なかなかいらっしゃらないと思います。おやすみの日も作品に時間を費やす姿を知っているので、それが届いてて嬉しいです〉と陰の努力を明かしている。

 そうつぶやいた後で、〈またでしゃばっちゃったかな〉としながらも〈でもそれくらい嬉しいんだな〉と手放しで喜んでいる。そんな飾らないつぶやきにリツイートが殺到し、通常の3倍にアップした。

「ベッキーといえば、時におせっかいと言われるほどの気配り屋。『笑っていいとも!』(フジ系)のテレフォンショッキングに出演した上戸に特注の花を贈るなど、差し入れやプレゼントなどのサプライズも大好き。“数字の取れない女優”と呼ばれてクサる上戸を、持ち前のポジティブパワーで叱咤激励してきたのが実を結んだ」(芸能記者)

 高視聴率女優の陰にアゲチン夫と世話焼き親友の活躍あり、だ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
土屋太鳳、Gバストがくっついたり離れたり!弟・神葉に羨望の声が出た密着映像
2
アンゴラ村長、“バスト進化”金髪&ダイエット変身が大反響!
3
マッパ演技も昨年解禁!「ファイトソング」で注目された“巨大バスト女優の正体”
4
本田真凜に「大人のオンナ」指摘…宇野昌磨との関係も納得の“経験済み”進化
5
「大人の女性」も強調!?松井珠理奈、バス旅での“匂わせ”に視聴者大盛り上がり