スポーツ

福田正博が衝撃を受けた「カネのために我慢している」エメルソンの割り切り発言

 サッカー日本代表にも選ばれた浦和レッズのレジェンドである福田正博氏と岡野雅行氏、田中達也氏の3人が「浦和レッズ同窓会」として、前園真聖氏のYouTubeチャンネルで監督や仲間、私生活などテーマに沿ってトークを繰り広げた。

 最初のテーマは「現役時代に敵わないと思った選手は?」。これに3人が真っ先に名前を挙げたのは、2001年から05年まで浦和でプレーしたブラジル人のエメルソンだった。福田氏は、

「小さいのにすごいんだ。速いし上手いし強い。シュートテクニックもすごい。エメルソン以上の外国人選手に会ってない。エメと一緒にプレーして自分はもう無理だと思って引退した」

 と絶賛。加えて福田氏はキャンプでエメルソンと同部屋になったことがあり「日本でサッカーがしたいわけじゃない。本当はブラジルでプレーしたい。おカネのために我慢して働いている」と聞かされ驚いたという。

 エメルソンが日本へやって来た経緯について、サッカーライターが説明する。

「彼はブラジルでなかなかプロ契約ができないまま年齢を重ねてしまいました。そこで母親が3歳年下の出生証明書を不正に入手し、その戸籍でプロ契約をしたのですがバレてしまい、チームはエメルソンを放出。それを知ったコンサドーレ札幌の岡田武史監督が獲得し、来日したというわけです」

 エメルソンはその後、川崎フロンターレ、浦和とわたり、カタールリーグ、フランスリーグを経て09年についにブラジル復帰を果たす。プレーもさることながら、ハングリー精神もハンパではなかった。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
2
太川陽介を「バスの悪魔」とコキ下ろし!「あのちゃん」まさかの「バス旅復讐戦」へ
3
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」
4
プロ野球 セパ「12球団の一平ちゃん」を暴く!(3)佐々木朗希「成績度外視メジャー入り」密約で総スカン
5
1編成に2室だけ!東海道新幹線に導入「高額個室」は「芸能人御用達」と化す