芸能

三田佳子が次男の覚醒剤逮捕で展開した「騒動を大きくしたマスコミが悪い」ア然の主張/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史

「更生意欲は乏しい。両親も監督能力がないのは明らか」

 裁判官からそう厳しい指摘を突き付けられた高橋裕也被告には、懲役2年6月が求刑された。今年7月14日に東京地裁で開かれた、論告求刑公判でのことだ。

 三田佳子の次男である高橋被告は、これが5度目の覚せい剤取締法違反などの罪に問われたわけだが、6月の第4回公判では、情状証人として映像プロデューサーの父親が出廷。そこで「神の声が聞こえる」と幻聴に悩まされていたと証言した。再発防止のため同居する考えも示したが、いかんせん、もう5度も繰り返している。両親の「監督能力」を疑問視する裁判所からは「No」を突き付けられる形となった。

 高橋被告が初めて覚せい剤所持で逮捕されたのは、1998年2月5日。当時は18歳の未成年だった。だが皮肉なことに、この「未成年」をことさら強調したがためにその後、三田の「良妻賢母」イメージが崩壊。CM6本を降板させられるなど、一夜にして苦境に追い込まれることになった。当時、高額納税者番付No.1女優と言われ、映画やテレビ、CMで見ない日はなかった三田の、転落が始まったのである。

 高橋被告の最初の逮捕の翌2月6日、三田は東京・六本木の全日空ホテルで記者会見を開くことになった。しかしその「前哨戦」が、三田の代理人弁護士名で前夜、マスコミ各社に送られてきた「申入書」と題するFAXで幕を開けることになる。そこには以下の文章が記されていた。

〈三田氏の次男は少年法の適用を受ける未成年です。(中略)実名などを報道しないのは当然のことですが、母親たる三田氏が有名女優であることを鑑みると、三田氏の実名(芸名を含む)・写真等を挙げて三田氏の子供である旨報道するのも許されません〉

 今、読み返してみても、この高飛車な文言には驚愕するばかりだが、午後6時30分から行われた会見でも、三田は平然とした表情で答えるのだった。自宅の地下室で次男が逮捕された際に、同じ家で寝ていたことには、

「どこの家庭でも一緒だと思いますが、過干渉になって『あなた、誰?』『どこの方?』と毎日のようには聞けません」

 それどころか、会見後半では、

「本来なら少年法によって守られなければならないということを、親が私ということで騒ぎになり、踏みにじられ、大変切ない思いです」

 まるで騒動を大きくするマスコミに問題がある、ともとれる言い分に、200人を超える報道陣からは、幾度となく驚嘆の声が上がったものである。

 むろん会見の模様は翌日の新聞、テレビで一斉に報じられ、三田バッシングはヒートアップすることになるのだが、これはあくまでも1回目の逮捕時の話。さすがに2回、3回と逮捕が続くと、そのたびに「高橋被告の母」という枕詞として報じられ、決まりかけていた仕事が遠のいていく彼女には同情の声も。「成人しているのだし、母親の名前を出す必要はない」といった論調が出始めたことも事実だ。

 まさに「三田佳子」という大女優への世間の評価が一変した、運命の記者会見だったのである。

(山川敦司)

1962年生まれ。テレビ制作会社を経て「女性自身」記者に。その後「週刊女性」「女性セブン」記者を経てフリーランスに。芸能、事件、皇室等、これまで8000以上の記者会見を取材した。「東方神起の涙」「ユノの流儀」(共にイースト・プレス)「幸せのきずな」(リーブル出版)ほか、著書多数。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
中日OB名球会打者が「根尾昴は投手ムリ」バッサリ斬って立浪監督にも真っ向ダメ出し
2
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人
3
【CNNも報道】想像上の生物が実際に目撃されて大騒動に!アメリカに出没する「ミシガン・ドッグマン」の映像分析
4
DeNA大型新人・度会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
5
年金未払いで参院選出馬の神取忍「細かいことはわからない」に騒然/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」