スポーツ

まるでサッカー版「スクール・ウォーズ」!元日本代表・岡野雅行の壮絶高校時代

「犬より速く走れた」

「自分が出したスルーパスに追いつき、そのままシュートを決めた」

「大学時代、天皇杯の試合があるのを忘れて朝まで飲んでた」

 など、破天荒なエピソードを持つ「野人」こと、サッカー元日本代表の岡野雅行氏が、浦和レッズの後輩である鈴木啓太氏のYouTubeチャンネルで、それらよりもはるかに型破りで壮絶な高校時代を明らかにしている。

 小学生の時は足が速く横浜市選抜に選ばれるほど有望な選手だったが、中学生で一変。成長期が始まるのが遅かったことで身長は伸びず、走りでも追い抜かれるようになり、地元・神奈川の高校からサッカーの誘いはなかったという。

 そんな中、一時はブラジル留学するつもりだったが両親に反対され、親戚が薦めてくれた島根の松江日本大学高等学校(現・立正大学淞南高等学校)に進学。しかしサッカー部があると聞かされていたが実際に入学してみると何と「部員は2年生が1人だけ」という状態だった。

 しかも岡野氏曰く、

「漫画のような学校で日本全国から選りすぐりのヤンキーエリートが入ってくる。入学式はみんな特攻服を着てた」

 と、当時は荒れた学校だったという。

 それでも岡野氏は寮でメンバーを募集。サッカー経験者から「人しか蹴ったことがない」という生徒まで約20人が入部し、やっとサッカーが始めることができた。ただ、練習試合を申し込むも全て断られ、唯一OKしてくれたのは校舎の窓ガラスが割れた不良校。その試合について岡野氏は、

「試合が始まった瞬間、先輩が相手に飛び蹴りしてそのまま大乱闘。みんな『ヤンキーのエリート』だから強い。試合にならず学校に帰ってきたら涙が出てきた。こんなのサッカーじゃないと先輩に言った。するとみんな『申し訳なかった。もう1回サッカーを教えてくれ』と、暴力は振るわなくなった」

 と振り返った。

 その後は徐々に試合の形になり極端な失点も減少。ついに0-0の引き分けになった時は、みんなで大泣きしたという。

 こうして歩み始めたサッカー部は、岡野氏が1年生の最後の新人戦で島根ベスト4に、2年生の時にはサッカー部の監督が就き、寮はサッカー部専用のものになった。

 岡野氏が立ち上げたそのサッカー部は、1996年には高校サッカー選手権大会に初出場。2011年にはベスト4に輝くまでに成長した。

 まるで「スクール・ウォーズ」のような話だ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝
2
MLBオールスター出場〝今永昇太〟はデコピン以下!絶妙哲学コメントをバラエティがガン無視でファン憤慨
3
妻はロッテに大暴言!謝罪なしの楽天・辰巳涼介「神様は見てくれている」にファンが握りこぶし
4
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
5
新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」