芸能

VIVANT「堺雅人の青年時代」を演じるキーパーソンは「ミスチル・桜井和寿の息子」という盛り上がり

 衝撃とともに、年月を感じずにはいられない。

 独自ストーリーで先の見えないTBS日曜劇場「VIVANT」。堺雅人の青年時代を演じた櫻井海音は、国民的バンド「Mr.Children」のボーカル、桜井和寿の長男でミュージシャンのKaitoであることがわかった。

 桜井は元マネージャーの妻との間に長女をもうけながら、アイドルグループ「ギリギリガールズ」の吉野美佳と不倫を続けた末、2000年に略奪婚。その翌年に生まれたのがKaitoだ。テレビ局関係者が語る。

「『VIVANT』の原作と演出も手がける福沢克雄ディレクターのドラマでは、過去にも『ルーズヴェルト・ゲーム』で元ソフトバンクホークス監督、工藤公康氏の長男である工藤阿須加が、ドラマ後半をを盛り上げるキーパーソンに抜擢されました。社会人野球チームの投手を演じた阿須加の端正なマスクと、演技とは思えぬピッチングフォームが一躍注目され、200勝投手の長男と判明するや、再び盛り上がりました。福沢ディレクターは、そういうヒネリの効いた二世俳優を起用します。今回も、以前から堺とKaitoが似ている、と双方のファンの間で評判だったのが、福沢ディレクターの耳に入っていたんでしょうか。堺そっくりの若手俳優をよく見つけてきたな、と感心していたのですが」

 両者が似ているかどうかは個々の判断に任せるとして、工藤と違ってKaitoの場合は、素性を明かすことがプラスになるとも限らない。

 40代以上の視聴者は、桜井が不倫発覚時に懺悔の丸坊主になったことも、長女が家族や周囲に「お父さんはどこ?」と不倫で家に帰らない父親を探していたという非痛なエピソードも覚えている。ミスチルのファンは「吉野美佳がいなかったら、桜井は精神的に追い詰められていたかもしれない」「でも別れた奥さんは下積み時代のミスチルを支えていた恩人で…」と、モヤる心情をSNSなどで吐露しながらKaitoを応援している。

 注目されたドラマでの大役を射止めた以上、Kaitoは実力で雑音を封じ、自分の道を開いていくしかない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
人前ではとても口にできない…鉄道ファンに「残念な愛称」で呼ばれる路線3選
3
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
4
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題
5
投資額が10分の1になる「愚の骨頂」…専門家が重大警告「国が後押しする新NISAは地雷だらけ」