スポーツ

「目には目を」長嶋巨人と野村ヤクルトの報復合戦が再来する高津VS岡田阪神「死球遺恨」

 ヤクルトの「死球騒動」が波紋を広げている。日本野球機構(NPB)の理事会と実行委員会が9月4日に行われ、ヤクルト・江幡秀則専務が取材に応じ「要はヤクルトスワローズのピッチャーが下手くそというだけで」とコメントした。

 それにしてもヤクルトは阪神戦での死球が多すぎる。3日には近本光司が右脇腹付近に死球を受けて交代。8月13日には梅野隆太郎が左手首付近に受けて骨折し今季絶望となっている。

 実はヤクルトの死球騒動は今回が初めてではない。90年代は野村克也監督時代、長嶋巨人への「死球」をきっかけに遺恨対決となった。その引き金を引いたのが、皮肉にも今、ヤクルトで指揮をとる高津臣吾監督だ。

 93年5月27日の巨人戦、高津氏が大久保博元氏(現・巨人打撃チーフコーチ)に死球を与えた。大久保氏はこれにより左手首を骨折。この年、6月の北陸シリーズでは巨人の投手(宮本和知氏)がヤクルトの司令塔だった古田敦也氏に2球続けて内角をえぐり、3球目に右上腕部に死球を与えた。これに野村監督が「故意によるものだ」と猛抗議。巨人担当記者によれば、

「この頃のヤクルト巨人戦は両軍から飛ぶベンチの野次が凄まじかった。当時の神宮球場の記者席にも、その野次の内容が丸聞こえ。毎試合、今では表現できないような汚い言葉を連発していました」

 この翌年もヤクルトと巨人の死球合戦は続き、5月11日の試合は大荒れ。巨人の主力捕手だった村田真一氏が頭部に死球を受けると、これを投げた西村龍次氏に今度は巨人・木田優夫氏(現・日本ハム2軍監督)が死球を与えた。この状況に巨人の長嶋監督からは「目には目をです」と「報復死球」とも取れる発言が飛び出し、

「(村田が受けた)頭はいけませんよ、頭は。即刻退場にしなきゃ、でしょ? 遺恨を残すんですよ」

 と語気を強めまくし立てていた。結局、この試合をきっかけに頭部の死球では「投げた投手は即刻退場」というルールができたのである。

 次のヤクルトと阪神の直接対決は9月22、23日(神宮球場)。この2試合で死球があれば、何らかのルール改正が必要かもしれない。

(小田龍司)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
太川陽介YouTube版「単独バス旅」で千葉と茨城を勘違い!「プロ」の面目まる潰れの「赤面シーン」
3
「世界頂グルメ」がいただけない!水曜日の視聴率を沈下させる「ただ食べてるだけ」
4
JR東日本高崎支社「電気機関車」と「ディーゼル機関車」一斉大量引退で訪れる阿鼻叫喚の「大パニック」
5
31年目に明かされた真実!ASKAが「“しゃかりきコロンブス”の謎」を激白