社会

「大阪ではありえへん行為」東京・渋谷で最悪マナー外国人観光客の「路上飲み」がまた激増中

 東京・渋谷区で「路上飲み」をする外国人が増加している。ゴミのポイ捨てや近隣の店の看板の破壊、さらにそのまま酔っ払って寝てしまう「路上寝」など、マナーの悪さが目立つ。コロナ禍で酒類を扱う飲食店が時短営業や休業に踏み切った際、都内では路上飲みが激増し、同じように物議を醸していた。その光景が再び出現したのである。

「関西では酔っ払って路上で寝たりなんかしたら、友人から『財布パクられるで!』と絶対に言われます」

 東京の現状に驚きの声を上げるのは、大阪の飲食店関係者だ。続けて、

「実際に僕の友人は飲み会の帰りに路上で泥酔してしまい、財布からお金を盗まれています。東京のように常に人の目があるわけではないし、深夜になると人通りが少なくなる場所もある。ハロウィンにミナミで若者が路上飲みをしている姿を見かけることはありますが、普段は大阪ではめったに見ませんね」

 大阪はリーズナブルな立ち飲み屋が多いため「わざわざ路上で飲む必要はない」のだという。大阪のサラリーマン男性からは、こんな声が。

「確かに大阪の一部地域では、路上で酒盛りをしている場面を見ますが、これは行儀が悪い行為。最近は道頓堀のグリコサインのある戎橋の下にたむろして酒を飲む『グリ下キッズ』もいますが、大阪の人から見たら、まるで路上生活者のようです。路上飲みが問題視されているのは、外国人観光客が多いからと聞きます。夜のミナミなんかは決して治安がいいとは言えないし、酔っ払い同士のケンカもある。何かトラブルが起きてからでは遅いと思いますね。そういう意味では、東京は治安がいいのかなとも思いますが…」

 東京では当たり前のようになった路上飲みだが、大阪では「ありえへん行為」なのである。

(カワノアユミ)

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    中年リスナーがこぞって閲覧!“あざとかわいい”人気美女ライバーが、リスナーとの関係や仲良くなれるコツを指南

    Sponsored

    ここ数年来、ネット上の新たなエンタメとして注目されている「ライブ配信」だが、昨今は「ふわっち」の人気が爆上がり中だ。その人気の秘密は、事務所に所属しているアイドルでもなく、キャバ嬢のような“プロ”でもなく、一般の美女配信者と気軽に会話できて…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    配信者との恋愛はアリ? 既婚者が楽しむのはナシ? 美女ライバーと覆面リスナーが語る「ふわっち」セキララトーク

    Sponsored

    ヒマな時間に誰もが楽しめるエンタメとして知られるライブ配信アプリ。中でも「可愛い素人ライバー」と裏表のない会話ができ、30代~40代の支持を集めているのが「ふわっち」だ。今回「アサ芸プラス」では、配信者とリスナーがどのようにコミュニケーショ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    加工に疲れた!?「証明写真」「写ルンです」の「盛らない」写真の人気事情

    SNSに投稿する写真は加工アプリを使って「盛る」ことが当たり前になっているが、今、徳にZ世代の間では「あえて盛らない」写真を撮影し投稿することがブームとなっている。いったい若者たちにどんな心境の変化があったのか。ITライターが語る。「盛らな…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人を辞めた元木大介に「ヘッドコーチ就任オファー」を出したのはあの「宇宙人監督の球団」か
2
【J1神戸】初優勝が三木谷会長の首を絞める大迫勇也・酒井高徳との契約更新「銭闘」
3
楽天球団「身売り説」再び!乏しい戦力でも補強の余裕なし…安楽智大の「パワハラ騒動」が拍車をかける
4
【現地ルポ】ゴーゴーバー連れ出し3.3万円…タイで夜遊びをすると日本より高い「厳しすぎる現実」
5
積水化学「クイーンズ駅伝」V奪還で黄金時代の到来!あの田中希実を破った選手が出場していないのに…