芸能

松本人志との因縁再び!オリラジ中田敦彦「漫才協会」所属で「M-1審査員」への道が開けた

 ナイツ・塙宣之がYouTubeチャンネル〈ナイツ塙の自由時間〉を〈ナイツ塙会長の自由時間〉と改称後の、9月9日の初投稿が盛り上がっている。

 今年6月に漫才協会の7代目会長に就任し、協会を盛り上げようと、オリエンタルラジオ(中田敦彦、藤森慎吾)の勧誘を試みた塙。藤森からは「中田次第」との返答をもらっている。それではと、中田に直電すると、

「漫才協会っていうのは基本的に、漫才師の方が所属するっていう協会なんですよね」

 そう質問する中田には、コント師やピン芸人もいることや、年会費8000円が入会時に必要だと説明。すると中田は、

「年会費8000円払えば入れるんですね。どうします? 一回、所属しときます?」

 一気に態度を軟化させる中田に、塙は驚きを隠さない。

「断るだろうなと思っていたので、今、頭が真っ白」

 とはいえ、「オリエンタルラジオ 漫才協会入会決定!」とテロップが出たのである。

 塙会長のスカウト力を称える声が相次ぐ一方で、こんな見方もあるようで、

「中田がYouTubeチャンネル〈中田敦彦のYouTube大学-NAKATA UNIVERSITY〉で、ダウンタウン・松本人志がM-1審査員をやり続けている現状などを批判して、物議を醸しましたね。ところが中田のメンタルは鋼のごときもので、のちの投稿回では、不運時に『ラッキー』を口癖にすると脳が幸運を探すことを紹介。その上で、長らくM-1グランプリで審査員を務めてきた上沼恵美子が『審査員いっぺんやってみたらええんや』と指摘したことを受けて『ラッキーなんですよ。本当にやらせてくれるかも~、ワンチャンあるかも~』と、どこ吹く風。2020年から3年連続でM-1審査員を務める塙からのアプローチはむしろ、中田にとってその足掛かりになるのでは、とも思えます」(お笑い関係者)

 中田は「ラッキー」と呟いたに違いない。

(所ひで/ユーチューブライター)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
2
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
3
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え