芸能

あの「サラダ記念日」が本当は「カレー唐揚げ記念日」だったという俵万智の「まさかのカミングアウト」

「この味がいいね」と君が言ったから七月六日はサラダ記念日。

 タイトルになったこの一句に、鮮烈な思いを抱いた読者は多かったことだろう。1987年に出版され、280万部に及ぶベストセラーとなった俵万智の短歌集「サラダ記念日」だ。現代口語で歌われたその新鮮さは、多くの人の心をつかんだのだった。ところがその「サラダ記念日」に食べたのは、サラダではなかったとしたら…。

 なんと俵自身が9月25日の情報番組「あさイチ」(NHK系)に登場すると、

「実はサラダ記念日に食べたのはサラダではなく、カレー味の唐揚げでした。響きがいいのでサラダにしました」

 と告白したから驚きだ。歌集を何冊も出版している詩人が、苦笑交じりに言う。

「詩は心の情景をつむぐ作業なので、本当のことしか紡げないわけではありません。フィクションを綴ってもいいのですから、そんなに驚くこともないのでは。とはいえ、与謝野晶子や金子みすゞ、茨木のりこにしても、女性詩人みな溢れ出る感情を表現していますし、その詩によって女性たちは生きる力をもらっていたり、あるいは癒されたり、悲しみを鎮めたりします。ある種のショックは理解できますが…。ただ、当時読んだ男性はサラダ記念日を話題にして、妻や家族との食卓で幸せを噛みしめていたと聞きます。そうした世代には、サラダ記念日が実はカレー唐揚げ記念日だったというのは、衝撃的かもしれません」

 なるほど、MCの博多大吉は「けっこうオレ、ショックなんだけど…」と言葉を失うわけだ。

 サラダを食べて心が洗われた経験がある世代には違和感が走るものの、

「新たにファンになった若者からは、驚きよりもむしろ、面白いとの声がありますね」(出版関係者)

「歌は暮らしの中から生まれる」と常日ごろ語っている俵。まさにその通りであり、「様々な側面」が存在するのである。俵は番組で、こう言っている。

「実際に自分が感じたことを伝えるためだったら、そのためのウソはついても大丈夫」

(小津うゆ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
2
太川陽介を「バスの悪魔」とコキ下ろし!「あのちゃん」まさかの「バス旅復讐戦」へ
3
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」
4
海外移住のフワちゃん「遊んでいても年商1億円超」新ビジネス開始の「驚異の商才」
5
1編成に2室だけ!東海道新幹線に導入「高額個室」は「芸能人御用達」と化す