芸能

マシンガンズ「お金持ちの地域はゴミがほぼ出ない」/テリー伊藤対談(3)

テリー 滝沢さんはゴミ清掃芸人として、準優勝の前からテレビに出たり、本を出したりしてるじゃない。ゴミ清掃員の仕事を始めたのは何でだったの?

滝沢 36歳の時に妻が妊娠して、「毎月40万円持ってこい」って言われたんです。それで「もうアルバイトするしかないな」と。

テリー ゴミ清掃員を選んだのは?

滝沢 当時、「35歳まで」っていうアルバイトが多くて、36歳だと全然見つからなかったんですよ。あと、芸人をやりながらはダメなんですよね。「芸人の仕事が急に入ったから休みたいって言われても困る」みたいな感じで。それで、お笑いをやめた友達がいっぱいいるから、その口利きでアルバイトしようかなと思ったら、たまたまそいつがゴミ清掃員だったんです。

テリー じゃあ、別にゴミを集める仕事がしたかったわけじゃなく。

滝沢 最初はそうですね。

テリー ゴミ収集って月40万も稼げるの?

滝沢 いや、日払いで1万ちょっとぐらいなんで、そこまでいかないんですけど。

テリー でも、奥さんは感謝してくれて、11年も続いてるんだ。

滝沢 今はほんとに好きで続けてるというか、ゴミのことをもっと掘り下げたいと思ってますね。

テリー ゴミを掘り下げるって何?

滝沢 やっぱり最初のうちはイヤで、言われたことしかやってなかったんですけど、ちょっと夢中になってやろうかなと思ったら、いろんなことが見えるようになってきたんですよ。例えばお金持ちの家の方が、ゴミの量が圧倒的に少ないんです。これが衝撃だったんですね。

テリー え、そうなんだ。何でだろう。

滝沢 ゴミ収集って、お金持ちが多い地域とか一般の住宅地とか、いろんなところを回るんですけど、それぞれの地域で出るゴミにも違いがあるんです。

テリー 例えば?

滝沢 一般的な住宅地の方は、僕が始めた11年ぐらい前だと100円ショップの品がたくさん出てたんですよ。タッパーとか安いものがワーッと。それが最近だと洋服とかに変わってきたんです。今、洋服って1000円とか2000円ぐらいで、けっこういい物が買えたりするじゃないですか。

テリー ユニクロとかGUとかいっぱいあるからね。

滝沢 だから、一般の地域に住んでる人たちは、安い物を買っては捨て、買っては捨てみたいなことを繰り返してるんですよ。

テリー なるほど。お金持ちの人たちは?

滝沢 お金持ちの中にも上中下みたいなのがあって。

テリー あるんだ(笑)。

滝沢 そうなんですよ。で、上中下の下の方の人たちは、ちょっと前はシャワーヘッドをみんな変えてたんですよ。だから、新しく買ったシャワーヘッドの箱とかが、たくさん出てました。

テリー 上の方は?

滝沢 いちばん上の方になってくると、ほんとに「修行僧か!」っていうぐらい少ないんですよね。多分、セカンドハウスがあったり、外食が多かったりするのかなと思うんですけど。

テリー 高齢者が多いの?

滝沢 多いと思いますね。たまに木箱に入ってるワインがちょっと出たり、発泡スチロールに入ってる牡蠣のカラとか、「ホームパーティーやったんだろうな」みたいなゴミが出ますね。逆に発泡酒の缶が大量に出るとかはないんですよ。

テリー 面白いなぁ。そういう話を「このゴミは収集できません」とかの本にまとめてるんだ。

滝沢 そうですね。別に見ようと思って見てるわけじゃないんですけど、11年もやってると、そういうことがだんだん見えてくるんですね。

ゲスト:マシンガンズ 滝沢秀一(たきざわ・しゅういち)1976年、東京都生まれ。西堀亮(にしほり・りょう)1974年、北海道生まれ。池袋のカルチャースクールで出会った2人が意気投合し、1998年にコンビ結成。「爆笑レッドカーペット」(フジテレビ系)などに出演し、人気に。2007年から2年連続で「M-1グランプリ」(テレビ朝日系)準決勝進出。今年5月、「THE SE COND ~漫才トーナメント~」(フジ系)で準優勝し、再び注目を集める。滝沢は「このゴミは収集できません」(角川文庫)ほか著書多数。西堀の初の著書「芸人という病」(双葉社)が発売中。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
太川陽介YouTube版「単独バス旅」で千葉と茨城を勘違い!「プロ」の面目まる潰れの「赤面シーン」
3
「世界頂グルメ」がいただけない!水曜日の視聴率を沈下させる「ただ食べてるだけ」
4
31年目に明かされた真実!ASKAが「“しゃかりきコロンブス”の謎」を激白
5
JR東日本高崎支社「電気機関車」と「ディーゼル機関車」一斉大量引退で訪れる阿鼻叫喚の「大パニック」