芸能

マシンガンズ「今のこの幸せがずっと続いてほしい」/テリー伊藤対談(4)

テリー 今日話してみて、2人はすごく真面目だし、いい人じゃないですか。あんなに不満ばっかり言って怒ってる漫才の時とは違って。

西堀 そうなんですよね。漫才以外だと普通の人になっちゃうんですよ。

テリー そのギャップは何とかしたいよね。やっぱり、リングで「テメェ、ぶっ殺すぞ」って言ってるレスラーには、俺なんかは普段からそうであってほしいと思うんですよ。

滝沢 なるべく延長線上にいたいと思うんですけどね。

西堀 その辺は出し方が難しいんですよね。

テリー だから、さっきの話じゃないけど、やっぱり俺はたけしさんなんだと思う。

西堀 ああ、敵を作るっていう。

テリー そうそう。「昨日、家に帰ったらカミさんが茶碗割っちゃって、メシが食えなかったんだよ」ってさ、誰もそんなこと聞いてないし、茶碗なんか他にもあるはずだからメシ食えないわけないんだけど、たけしさんって必ずそんなこと言うんだよ。で、自分を弱い立場にするの。

西堀 そうか、すごいですね。親近感湧くもんなぁ。

テリー でしょう。だから、トークショーとかで何か聞かれても「そんなことより昨日、カミさんが茶碗割っちゃってさ」みたいな話をするといいのかもしれない。

滝沢 何を聞かれても「そんなことより昨日ね」っていう(笑)。

テリー そうそう。その方が面白くない? 「やっぱりマシンガンズってこんなことばっかり言ってるんだ。しょうがねえ奴らだな」って思われるよ。

西堀 で、スベったら、「テリーの野郎、絶対ウケるって言ったのに」って言えばいいんですよね。

テリー アハハハハ。そうそう、それでいいと思う(笑)。

西堀 ありがとうございます。今日来てよかったな。

テリー あと最近、ナイツの塙(宣之)さんが会長をやってる漫才協会に入ったんでしょう。これは?

西堀 最初はあんまり入る気なかったんですよ。でも、あいつがズルいのは、ラジオの生放送中に電話かけてきて、「入りますか、入りませんか」って言われたんですよ。そんなの「入りません」って言えないじゃないですか。

テリー でも、漫才をやる場所が増えるのはいいことだよね。

西堀 そうですね。いい機会なので、新ネタも作ろうと思ってます。

テリー 他にこれからやりたいことは?

西堀 何だろうな。僕は今のこの幸せがずっと続いてほしいですね。去年だったら考えられないですよ。目の前にテリー伊藤がいるなんて。だから、こういうのがすべて新鮮で最高なんで、これが1秒でも長く続くといいなと思います。

滝沢 僕は小さい場所でもいいから、2人でしゃべるみたいなこともやりたいですね。普通の人がしゃべったらそんなに面白くないけど、うちらがしゃべったら面白いみたいな感じに昇華したいんですよ。それを番組でやれたらいいですけど。

西堀 夢がデカいな(笑)。でも、確かに言われてみると、それはやってみたいですね。まだちょっと「冠番組をやりたい」とは、胸を張って言えないところもありますけど。

テリー 十分可能性あるよ。

滝沢 僕らテリーさん、ドンピシャ世代なんで、何かプロデュースしてほしいっていうのもありますね。

テリー 考えますよ。

滝沢 ほんとですか? じゃあ、我々はテリー伊藤公認芸人でいいんですかね。

西堀 これからはテリーさんの弟子みたいなもんだと思って活動していきます。

◆テリーからひと言

 さすがベテラン、面白かったな。どんなに売れても守りに入らず、いつまでも毒のあるマシンガンズでいてくださいよ!

ゲスト:マシンガンズ 滝沢秀一(たきざわ・しゅういち)1976年、東京都生まれ。西堀亮(にしほり・りょう)1974年、北海道生まれ。池袋のカルチャースクールで出会った2人が意気投合し、1998年にコンビ結成。「爆笑レッドカーペット」(フジテレビ系)などに出演し、人気に。2007年から2年連続で「M-1グランプリ」(テレビ朝日系)準決勝進出。今年5月、「THE SE COND ~漫才トーナメント~」(フジ系)で準優勝し、再び注目を集める。滝沢は「このゴミは収集できません」(角川文庫)ほか著書多数。西堀の初の著書「芸人という病」(双葉社)が発売中。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
松本人志の居ぬ間に中山秀征…芸人たちが「実はスゴイ人」異常な絶賛の「あぁ不思議」
2
【雨予報のGI宝塚記念】ドウデュースは大敗!重馬場で急浮上する「この3頭」のウハウハ適性
3
「青春18きっぷ」夏季用がようやく発売でも消えない「冬季販売中止」の不穏な背景
4
元楽天・安楽智大が来季「日本球界に逆輸入される」メキシカンリーグでの「標高2200メートル投球」
5
「山口組のキッシンジャー」が体現した哲学! ヤクザの「平和共存」は方便などではなかった