スポーツ

【巨人に内紛】岡本和真は三塁固定、中田翔がFAで出る…「脱・原辰徳」で阿部慎之助監督と坂本勇人が衝突

 阿部慎之助監督の就任で、巨人は球団内から「脱・原辰徳」の動きを進めている。その象徴となるのが、岡本和真の存在だ。

 原前監督は「三塁・坂本勇人、一塁・秋広優人と中田翔、左翼・岡本和真」という構想を掲げ、来季に臨む姿勢を示していたが、阿部監督は「左翼・岡本」に難色を示しているという。原政権でヘッドコーチだった阿部監督も当然、「原構想」に関与しているが、「脱・原」の象徴として岡本を三塁でフル出場させ、チームの柱としたいというのだ。

 原構想では「体が衰えても力はまだある坂本をどう生かすか」が優先された。そのため、岡本が一塁や左翼に押し出される形となったが、

「阿部監督は岡本を軸とした発想を持っている。三塁を岡本で固定し、遊撃は門脇誠か中山礼都。調子が良ければ坂本。一塁は秋広、中田、坂本、丸佳浩。もし獲得できれば、元DeNAの筒香嘉智と競わせる考えだといいます。阿部監督は143試合フル出場できる選手を優先して起用し、それができないベテラン選手はサブ。サブでもベンチ内でチームを引っ張るベテランを重用する考えです。晩年、自身も捕手から一塁、代打を経験、ベテランサブの心構えを知っているので、ベテランにも厳しく接するようです」(スポーツ紙デスク)

 坂本、中田、それに丸、梶谷隆幸など、原前監督が面倒を見ていたベテラン選手も、ゼロからのスタートだという。

「新監督の意向を察知した中田は今オフ、FAで巨人から出ることが濃厚となっている。原政権で完全に干されていた捕手・小林誠司を、阿部監督は高く評価しているともいうのも皮肉です」(球団関係者)

 坂本から岡本へ。主役の交代で、阿部新監督と坂本は微妙な関係になりそうだ。

(健田ミナミ)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
2軍暮らしに急展開!楽天・田中将大⇔中日・ビシエド「電撃トレード再燃」の舞台裏
2
不調の阪神タイガースにのしかかる「4人のFA選手」移籍流出問題!大山悠輔が「関西の水が合わない」
3
ボクシング・フェザー級「井上尚弥2世」体重超過の大失態に「ライセンスを停止せよ」
4
新庄監督の「狙い」はココに!1軍昇格の日本ハム・清宮幸太郎は「巨人・オコエ瑠偉」になれるか
5
「メジャーでは通用しない」藤浪晋太郎に日本ハム・新庄剛志監督「獲得に虎視眈々」